https://learningbox.online/wp-content/themes/oops_tcd048

  • HOME
  • トラスト・ログインでのSAML認証設定

トラスト・ログインでのSAML認証設定

ここでは具体的にトラスト・ログインのSAMLアプリとしてlearningBOXを登録する方法を解説します。
※SAML認証連携はデザインカスタマイズまたは専用サーバープランのご契約が必要になります。➡ 料金プランのページ
 

設定の流れ

まずSAMLアプリを新規追加します。

1.トラスト・ログインにログインし、「管理ページ > アプリ」メニューを選択します。
2.画面右上の「SAMLアプリ登録」ボタンを押します。


3.「アプリケーション名」、「アイコン」を登録します。(※アイコンは任意での登録です。)


4.SP(learningBOX)にトラスト・ログインの情報を設定します。


トラスト・ログインのIdP情報が表示されるので、この情報をlearningBOX側のSAML認証設定画面に入力します。
「IDプロバイダーURL」を「HTTP-POST URL」に、「発行者・エンティティID」を「Issure URL (IdP Entity ID)」に入力し、ダウンロードした証明書を「X509Certificate」に貼り付けて使用します。
この状態でlearningBOX側の設定画面で「SAML詳細設定を保存」をクリックすると、learningBOX側の設定は完了します。続けてトラスト・ログイン側の設定を進めます。


上記赤枠にSP(learningBOX)の必要情報を入力します。
learningBOX設定画面より、「SP(learningBOX)の設定情報」をクリックすると、SPの情報がポップアップで表示されます。
「ログインURL」に「IDプロバイダーURL」を入力し、「エンティティID」に「learningBOXのエンティティID」を入力。「ネームIDフォーマット」は「UNSPECIDIED」を選択してください。
「サービスへのACS URL」に「HTTP-POST」を選択「learningBOXのACS URL」を入力、「ログアウトURL」に「HTTP-POST」を選択「learningBOXのACS URL Validator」を入力してください。


設定画面上部の「登録」ボタンにて、SAML認証を有効化できます。
有効化後、learningBOXの専用ログインページからlearningBOXにログインすることが可能です。またトラスト・ログインのアプリ画面からもシングルサインオンする事が可能です。