learningBOXのEC機能プランについての質問をまとめました

learningBOX, 管理者blog

こんにちは!!龍野情報システム、東京支社導入サポートの向井です。皆様はlearningBOXで作成したコンテンツを販売できるのはご存知ですか?learningBOXのEC機能は、物を売るのではなく、お客様が作成した学習コンテンツを簡単にWebで販売することができます。

今回の記事では、EC機能についてお客様からお問い合わせが多いご質問をまとめさせていただきました。
学習コンテンツの販売に少しでもご興味がある方は是非、お気兼ねなくお問い合わせください!

目次はこちら

  • 1. EC機能の決済方法について
  • 2. 運用できるまでの準備期間
  • 3. 現在利用されている環境からEC機能への移行
  • 4. まとめ

EC機能の決済方法について

学習コンテンツの販売のみならず、ECサイトを運営する上では、ユーザーの希望する決済方法を用意しておけば、ユーザーの離脱を防ぐだけでなく、ユーザーが手間なく購入できることにつながるので、満足度アップにもなります。ここでは、learningBOXのEC機能の決済方法についてご紹介します。

決済方法の種類

learningBOXのEC機能は、以下の6つから決済方法を設定することができます。
・PayPal決済
・銀行振込
・請求書払い
・コンビニ決済 ※GMO‐PG
・銀行振込(バーチャル口座) ※GMO‐PG
・クレジットカード決済 ※GMO‐PG

※GMO‐PGとは、GMOペイメントゲートウェイ株式会社の略称です。
※PayPal及びGMOペイメントゲートウェイ株式会社提供の決済については、お客様自身でそれぞれのサービスに利用申請・手続き等が必要になります。提供会社によっては、事前審査等がございますので、予めご了承ください。

PayPal

EC機能-PAYPAL決済

PayPalは、世界で2億5000万人以上が利用するかんたん安全な決済・送金・送金リクエストサービスです。クレジットカードやデビットカード、銀行口座をペイパルアカウントに登録。個人情報は販売ショップ側に伝えないので安心です。

ユーザーは決済完了後、すぐに受講できます。継続課金をご利用の場合はこちらがオススメです。

PayPalついて詳しく知りたい方はこちらをご確認ください ⇒ PayPalの公式ページ

銀行振込

EC機能-銀行振込

銀行振込をご利用の場合、振込手続きが完了後、ユーザーはシステム内の「購入履歴」より管理者宛に入金完了の通知ができます。管理者は入金の確認ができたらシステム内の「販売管理画面」より承認をすることで、ユーザーは受講できるようになります。

請求書払い

EC機能-請求書

請求書払いでは、ユーザーが請求書払いで購入すると、後日請求書が届く旨と、設定されている請求書送付先が表示されます。管理者はその後、販売管理画面の請求書払いとなっている販売履歴を確認し、自社で請求書を作成し、請求書を送付します。

ユーザーは、決済完了後、すぐに受講できます。請求書は御社でご用意いただき、ユーザーに送付する必要があります。

コンビニ決済 ※GMO-PGをご利用の場合

ユーザーがコンビニでお支払いできる決済です。

コンビニ決済はユーザーの信用保証を必要としないため、クレジットカードを持てない・持ちたくないといった購買者様も含めた、あらゆる顧客層にとって利便性の高い決済手段といえます。その手軽さと現金払いの安心感から、10~20代の若年層だけでなく女性にも人気です。ユーザーはご入金後、受講できるようになるまで最大一日程度お待ちいただくことがございます。

▼コンビニ決済のポイント
・お支払い期限日数の設定が可能です
・ユーザーにはインターネットで決済番号をお伝えする為、払込用紙の発行代や発送料がかかりません
・入金額の間違いが発生しないため、差額調整など依頼の無駄なコストを防ぐことができます

銀行振込(バーチャル口座)※GMO-PGをご利用の場合

請求(取引)先毎に被振込専用口座(振込のみを受け付ける)を割り当てて決済する方法です。ユーザーはご入金後、受講できるようになるまで最大一日程度お待ちいただくことがございます。

▼銀行振込のポイント
・入金照合事務コストの軽減
・売上債権回収管理の強化
・顧客サービスの向上
・誤入金の削減

クレジットカード決済 ※GMO-PGをご利用の場合

ユーザーは決済完了後、すぐに受講できます。クレジットカード決済会社の審査にもよりますが、VISA/MASTERCard/JCB/AMEXなど各種クレジットカードがご利用できます。

PayPal(クレジットカード・デビットカード)、請求書払い、クレジットカード(GMO-PG)で決済方法を設定した場合は、ユーザーは決済処理(入金手続き)完了後、すぐに受講していただけますが、それ以外の決済方法の場合、管理者からの承認が必要になります。

運用できるまでの準備期間

EC機能プランをご利用されるお客様には2ヶ月ほどお時間をいただいております。以下の作業が必要になります。

専用サーバーの構築作業が必要になります。

サーバー構築‐eラーニング

構築シートをお渡しいたしますので、記載していただいた情報をもとに作業を進めさせていただき、御社に専用サーバーをお引渡しいたします。こちらは一ヶ月ほどお時間がかかります。

▼専用サーバーのメリット
・システムのバージョンアップのタイミングを自社で選択できる
・他社の利用状況に影響されず、快適な学習環境が提供できる
・URLが独自ドメインになる
・デザインカスタマイズを行うことができる
・API連携機能で基幹システムとの連携などが行える

デザイン作成の作業を進めさせていただきます。

EC-デザインカスタマイズ

デザインのご要望を書いて頂く書類をお渡しいたしますので、文言の変更やロゴ・トップページで使用する画像など、必要なデータをいただいてから、作業を進めさせていただきます。こちらは約一ヶ月ほどお時間がかかります。

※お急ぎの場合はデザイン作成を後回しにすることも可能です。その場合はロゴなどの必要最低限のデータを先にご提供していただければ、専用サーバーの構築が完了次第、運用自体は可能になります。運用までの期間でお悩みの方は一度ご相談ください。

現在利用しているプランからEC機能プランへ移行したい

既に弊社のシステムをご利用いただいており、いまの環境をそのままEC機能プランに移行したい、とお問い合わせいただくことがございます。
既に専用サーバーをご利用の場合は、同じサーバーをEC機能プランに変更していただくことは可能ですが、共用サーバーをご利用中の場合につきましては誠に申し訳ございませんが、新たに専用サーバーを構築してから環境を移設し、そちらをEC機能プランに変更する形になります。
また、既存のライセンスであるスターター、スタンダードと、EC特別ライセンスを併用させることはできません。現時点で通常のスターターやスタンダードから、途中でEC特別ライセンスに変更された前例がございませんので、このあたりの費用感につきましては相談させていただく場合がございます。

まとめ

今回の記事では、EC機能プランについてお客様からお問い合わせが多いご質問をまとめさせていただきました。ここまでお目通しいただきありがとうございました。EC機能に少しでもご興味ある方は是非、お問い合わせください!

実際にさわっていただけるデモ環境もご用意していますので、ご興味ありましたら、お気軽にお問い合わせください。最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。少しでもお役に立てれば幸いです。

オンライン検定へのハードル、一緒に越えませんか?今だけ初期システム導入日が20%OFF!11月30日まで
今すぐlearningBOXを無料体験してみよう!

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

Related posts