コンテンツコード設定機能

コンテンツ管理画面に、「コンテンツコード設定機能」が追加されました。
こちらは教材を作成/編集する際に、コンテンツごとに個別のコードを設定できる機能です。
これにより、API連携の際にコンテンツを紐づけることが可能です。
API連携機能のご利用には、共用サーバー/デザインカスタマイズもしくは専用サーバーのご契約が必要です。


更新履歴

2022.06.15 / Ver2.18より、一部機能が追加されました。使い方

2021.11.17 / Ver2.16より、コンテンツコード設定機能が追加されました。使い方

コンテンツコードの設定

ご利用条件learningBOX Ver2.16以上

01コンテンツ管理画面を開く

TOPページもしくはサイドメニューにある「コンテンツ管理」をクリックしてください。


02コードを変更画面を開く

コンテンツ管理画面で、対象のコンテンツ上で右クリックするか歯車のアイコンをクリックして、「コードを変更」を選択してください。


03コンテンツコードの設定

「コードを変更」画面が開くので、任意のコードを設定してください。
設定が完了したら、保存してください。


コンテンツコードのコピー

Ver2.18より、コンテンツコードをコピーするボタンが追加されました。

ご利用条件learningBOX Ver2.18以上

01コンテンツ管理画面を開く

TOPページもしくはサイドメニューにある「コンテンツ管理」をクリックしてください。


02コードを表示・変更画面を開く

コンテンツ管理画面で、対象のコンテンツ上で右クリックするか歯車のアイコンをクリックして、「コードを表示・変更」を選択してください。
※Ver2.18より、項目の名称が「コードを変更」から「コードを表示・変更」に変わりました。


03コードのコピー

「コードを表示・変更」画面に、「コピー」ボタンがあります。
こちらからコードをコピーできます。


お気軽にご利用・
お問い合わせください

無料利用しよう 資料請求
Webミーティングの担当者

WEBミーティングも
好評受付中

learningBOXのご利用方法、プランの検討、デザインカスタマイズのご相談等、迷ったらぜひお問い合わせください!
WEBミーティングで導入のお手伝いをいたします。

WEBミーティングを予約する

jaJA