タイピング教材の入力モードを英語入力に設定する

learningBOXのVer2.13以降より、タイピング教材の作成フォームに英語入力が追加されました。
こちらのページでは、新しく追加された英語入力の使い方についてご紹介します。
 

タイピング教材の使い方について

入力モードを英語に設定する場合、タイピング教材のバージョンを【TYPING-2.3.0】以上に設定します。

learningBOX-バージョンの更新

 

learningBOXのオーナーアカウント・教材管理権限を持ったメンバーでログインして、コンテンツ管理をクリックします。

learningBOX-関連コンテンツを設定する

 

コンテンツ管理画面から、プラスボタンをクリックして、【タイピング教材】 ▷ 【タイピング教材を作成】とお進みください。

タイピング教材の作り方

 

作成フォームが表示されますので、上から順番に【タイトル】・【説明文】・【入力モード】・【制限時間】・【合格点】・【出題順】・【得点倍率】を設定します。
※英語入力を設定する場合は、入力モードを ⇒ 【英語入力】に設定します。

learningBOX-タイピング教材の作り方

 

問題を追加する際は右下にある【 +問題を追加 】をクリックし、問題を削除したい場合は【 ✕ 】をクリックします。

learningBOX-タイピング教材の作り方

 

タイピング教材(英語入力)で設定できる問題は半角スペース混じりの文や、大文字/小文字の区別などが出題可能です。

learningBOX-英語入力-タイピング教材

 

設定が終わりましたら、右上の保存して公開をクリックして設定完了です。

タイピング教材を作る

 

タイピング教材(英語入力)は学習画面でこのように表示されます

 
タイピング教材-英語

jaJA