コースを作成する

学習制御機能を設定する

learningBOXでは、お客様が作成したコンテンツに制約条件を設定することができます。
こちらを設定することで、学習者はコンテンツを学習完了・合格しない場合は先に進むことができません。
特定の問題に合格したら次の問題を解かせたいなど、前提条件を設定することができます。

learningBOXの初期教材の中に入っているクイズを例にご紹介いたします。
今回は練習なので、合格したら次に進めるように学習制御機能を設定します。

学習制御機能-learningBOX

 

学習制御機能の設定方法

今回はクイズと認定証をあらかじめ作成したことを前提に話を進めます。
1.learningBOXにログインして、コンテンツ管理画面に進みます。次に、制約バーを設定したいフォルダに移動します。

制御機能-eラーニング

 

2.左上にある操作メニュー(+マーク)から学習制御を追加 >> 制約条件とお進みください。

learningBOX-制約条件

 

3.制約条件をクリックすると、制約バーが追加されます。
制約バーは「 – – – – ここまで解答/閲覧したら次に進むことが可能です – – – – 」と「 – – – – ここまで合格したら次に進むことが可能です- – – – 」の2つからお選びくすることができます。

制御バーの設定

 

4.制約バーを「 – – – – ここまで合格したら次に進むことが可能です- – – – 」と設定して、コンテンツとコンテンツの間に設定します。

learningBOX-制御バー

 

5.学習者には、このように表示されます。

コース学習-オンライン学習

 

6.先程、設定した制限をクリアするとこのように開放されます。

オンライン学習-コース学習

jaJA