• HOME
  • 指定教材受講通知機能について

指定教材受講通知機能について

学習者の成績ステータスに変化があった場合、「管理者にメール通知を送る設定」ができます。こちらのメール通知機能を使うことで指定した教材のみ、管理者にメール通知を送る設定ができます。

▼バージョン2.8系以前よりlearningBOXをお使いのお客様で、メール通知に関連する下記の赤枠部分の設定を行っているお客様はこちらをご確認ください。

2.9系のバージョンアップに伴い、「1回制限教材学習完了」「レポート提出完了」の通知設定及びメールテンプレートは2.9系では引き継ぎされておりません。2.8系以前より、この通知設定をされていたお客様には大変お手数ではございますが、本ページをご確認頂き、改めて設定頂けますようお願い申し上げます。
指定教材通知―eラーニング学習

 

▼2.9系から新機能である「指定教材受講通知機能」のフローはこちらです。
learningBOX_指定教材通知機能

設定方法は、サイドメニューバーから設定する「初期設定」とコンテンツ管理から設定する「教材を個別に設定する方法」の2つから選び、設定することができます。

初期設定
→サイドメニューバーから設定します
教材を個別に設定する方法
→コンテンツ管理から設定します

初期設定はサイドメニューバーから設定します

learningBOXにログインしていただき、サイドメニューバーの管理機能をクリックします。スライドが切り替わるので「メール設定」とお進みください。
eラーニング_指定教材通知設定

通知設定は詳細設定から行います

メール設定をクリックするとこのような画面に変わります。指定教材受講通知の【詳細設定】をクリックします。
指定教材メール通知_learningBOX

こちらの画面から初期通知設定をします

教材を個別に設定する方法

learningBOXにログインしていただき、コンテンツ管理をクリックします。受講通知を設定したい教材を選びます。今回はクイズを例に受講通知を設定します。

受講通知のタイミング

合格
教材(クイズ、タイピング、iSpring、SCORM)を学習し、※合格した場合にメールが送信される
※…成績の優先度の低い成績ステータスの「未学習、不合格」などから、初めて「合格」へステータスが変更された場合
不合格
教材(クイズ、タイピング、iSpring、SCORM)を学習し、「未学習」 → 「不合格」にステータスが変更された場合にメールが送信される
採点待ち
「レポート教材・クイズ内にレポートを含むクイズ教材」を学習し、採点が含まれている設問がある場合にメールが送信される
回数到達
教材に受講回数制限を設定している場合に、回数制限に到達した時にメールが送信されます
学習完了
成績のステータスが学習完了になった場合にメールが送信されます
回答完了
教材(アンケート)を回答した場合にメール通知が送信される

注意点

指定教材受講通知機能で初期設定教材を個別に両方設定されている場合は、個別設定の方をシステム上、優先する設計となっています。

まとめ

指定教材受講通知設定を行うことで学習者の成績ステータスに変化があった場合、「管理者にメール通知を送る設定」ができます。こちらのメール通知機能を使うことで指定した教材のみ、管理者にメール通知を送る設定ができます。