バッジ一覧表示機能

バッジ一覧表示機能を使うと、管理者はバッジ画像を自由に設定することができます。
メンバーの学習状況に合わせて、設定されたバッジが表示されます。
こちらのページではバッジ一覧表示機能の使い方についてご紹介します。
ご利用条件learningBOX Ver2.15以上

バッジ機能

バッジ一覧表示機能の使い方【バッジの設定】

learningBOXにログインします。
学習環境設定【プルダウン】から、バッジ管理をクリックします。

バッジ管理

 

プラスボタンをクリックします。

バッジ管理-eラーニング

 

【バッジコード】、【バッジ名】を入力します。

eラーニングシステム-learningBOX

 

オリジナル画像を利用するを選択し、画像を設定します。

バッジ管理-eラーニングシステム

▼【X=0%,0%<X<100%,X=100%】

①X=0% → 未学習の場合に表示されるバッジ
②0%<X<100% → 学習中の場合に表示されるバッジ
③X=100% → 学習完了、合格した場合に表示されるバッジ

 

追加ボタンをクリックします。

バッジ管理の設定-learningBOX

 

バッジ一覧表示機能の使い方【コンテンツの設定】

learningBOXにログインし、コースを選択します。

コンテンツ管理-バッジ管理-learningBOX

 

コンテンツ管理から、歯車ボタンをクリックし、【バッジを設定する】をクリックします。

バッチ管理の設定方法-learningBOX

 

プルダウンからバッジを設定し、最後に保存ボタンをクリックします。

learningBOX-コンテンツ管理-バッジ管理の設定

 

バッジ一覧表示機能の使い方【バッジの表示】

コース機能でバッジを設定した場合、下記の様にバッジが表示されます。

コース機能-バッジ管理

 

フォルダで設定した場合は下記の様に表示されます。

フォルダ-バッジ管理の設定

 

教材に設定したバッジは下記の様に表示されます。

バッジ管理の設定-フォルダ

 

バッジ一覧表示機能の使い方【バッジ一覧の確認方法】

成績を見る【プルダウン】からバッジ一覧をクリックします。

成績を見る-バッジ一覧

 

バッジ一覧をクリックすると、メンバーの取得状況を簡単に確認することができます。

成績を見る-バッジ一覧の表示

jaJA