https://learningbox.online/wp-content/themes/oops_tcd048

  • HOME
  • 認定証を作成する

認定証作成フォームの使い方について

learningBOXのVer2.11より、認定証がさらに進化しました。

デジタル認定証
おしゃれなデザインから、可愛いデザインまで、学習者に特別感を与えられる認定証を準備しましょう。

learningBOXのVer2.11へのバージョンアップに伴い、認定証のデザインやレイアウトの配置を、お客様のお好みで設定できるようになりました。Ver 2.11より前の認定証の場合は、予め定まったフォーマットに従って、文章を入力して作成してましたが、Ver 2.11からは、より自由に認定証をカスタマイズすることが出来ます。それに加え、一度作成した認定証はテンプレートとして保存することができ、編集も可能です。

本ページは認定証作成フォーム画面について説明します。関連機能については下記からご覧ください。
認定証テンプレート管理について
デフォルトのテンプレートから認定証を作る方法について
認定証の利用方法
認定証一覧について

※お客様に一点だけ注意点がございます。
従来の認定証は、学習者が教材を「学習完了・合格」されてからの編集も可能でしたが、Ver2.11より、認定証を発行後の編集はできなくなります。ご注意ください。

認定証作成フォームの使い方

1.管理者アカウントでlearningBOXにログインして ▶ サイドバーの【コンテンツ管理】と、お進みください。

learningBOXのコンテンツ管理機能

2.左上にある操作メニュー(⊕ボタン)をクリックして ▶ 認定証 ▶ 【認定証を作成】と、お進みください。

learningBOX‐認定証の作成

3.「認定証テンプレート管理」で作成したテンプレートを使って、認定証を登録します。

learningBOX-認定証作成フォーム

設定方法について

タイトル名を入力して、テンプレートを選びます。 最後に右上の【保存して公開】ボタンをクリックこすることで、認定証をコンテンツの一つとしてコースに設置することができます。

 
※新規作成ボタンについて
認定証作成フォーム-新規作成

こちらのボタンからテンプレート作成画面に遷移して、作成・保存すると、新しいテンプレートとして登録され、そのまま認定証として作成することも可能です。こちらの記事に詳しい作り方が記載されています。➡ 新規作成ボタンからテンプレートを作る方法

 

保存後は作成したコースの最後に設定できます

制御バーを活用してコースを作成して、認定証を設置します。今回は練習なので、【 クイズ ▶ 制御バー、▶ 認定証 】の組み合わせで作成します。制御バーは「‐‐‐ここまで合格した次に進むことが可能です‐‐‐」と設定します。

▼こちらの動画をご覧ください。

学習者側の画面で認定証を確認してみましょう。今回は練習なので「 タツノサンプル1 」でログインして、確認したいと思います。▼こちらの動画をご覧ください。