https://learningbox.online/wp-content/themes/oops_tcd048

  • HOME
  • ライブ配信の設定について

learningBOXでライブ配信を設定する方法

コンテンツ管理機能の中にある『 iframe教材 』とVimeoという動画配信サイトのサービスを併用することで、learningBOX内でオンライン授業を設定することができます。VimeoとはYouTubeやニコニコ動画などと同様に動画を共有し、視聴できるサービスを提供している動画共有サイトです。

今回は練習なので、公開範囲を特定のドメインで設定して、ライブ動画を配信をする方法をご紹介いたします。
※本稿では、あらかじめVimeoの有料プラン(Premium)を契約したことを前提で話を進めて参ります。ライブ動画を設定する際、こちらのPremiumプランが必須条件になります。「Plus・Pro・businessプラン」ではライブ動画を配信することができませんのでご注意ください。

Vimeoの使い方について

1.VimeoのPremiumプランで契約したアカウントでログインします。メールアドレス、パスワードを入力して >> メールアドレスでログインとお進みください。

vimeo-ログイン画面

2.Premiumプランで登録したアカウントでログインし、サイドメニューバーの【ライブイベント】をクリックします。
※Vimeoで動画を配信する場合は基本的にサイドメニューバーから動画を作成したり、編集します。

vimeo-使い方

3.画面が切り替わるので、ライブイベントを作成すると進み、動画の視聴設定を行います。
vimeo-ライブ配信をする

4.動画の視聴設定を行うことで、動画の配信日や公開制限をこちらで設定することができます。
vimeo-ライブ配信動画の設定

5.【 次へ 】をクリックすると、画面が切り替わります。こちらの画面から、特定のドメイン設定を行います

vimeo-ライブ動画-設定方法

6.【 オンサイト 】からプライバシーを埋め込む >> 特定のドメインとお進みください。ドメインを設定したら最後に+ボタンをクリックします。

オンライン学習-ライブ動画

7.【埋め込み】のタブを開き、動画の埋め込みコードをコピーします。

vimeo-動画の設定方法

埋め込みコードをコピーして【 iframe教材 】に貼り付ける

8.Vimeoの設定が済みましたら、次はlearningBOXで配信するように設定します。learningBOXにログインして、コンテンツ管理 >> ⊕ボタン >> その他の教材 >> iframe教材をお進みください。

learningBOX-コンテンツ管理-ライブ配信

9.タイトルを入力して【iframe教材】の埋め込みコード欄にイベントの埋め込みコードを入力し、最後に保存ボタンをクリックします。

learningBOX-ライブ配信動画を設定する方法

10.learningBOXの設定が済みましたら、Vimeoの設定画面に戻り、【ライブ配信を開始】をクリックします。クリックすると、先程設定したiframe教材の映像が反映され、ライブ動画配信を視聴することができます。

オンライン授業-learningBOX

11.ドメインレベルで視聴を確認します。

オンライン学習-ライブ配信