マイクロラーニングのプラットフォームの選び方は?ポイントを解説

learningBOX, 管理者blog

マイクロラーニングのプラットフォームの選び方は?ポイントを解説


マイクロラーニングは短時間での学習に適しています。
しかし、適切なプラットフォーム選びに悩む方もいるでしょう。
実際に、どのようなポイントで選べば良いかわからなければ、導入する際に時間的なコストが発生してしまいます。

そこで、本記事ではマイクロラーニングのプラットフォームの選び方について解説します。
自社に適したサービスを選ぶ際の参考にしてみてください。
 

目次はこちら

  • 1.マイクロラーニングのプラットフォームとは
  • 2.マイクロラーニングのプラットフォーム選びのポイント
  • 3. 職種ごとの活用シーン
  • 4. まとめ

 

マイクロラーニングのプラットフォームとは

マイクロラーニングを導入するためには、プラットフォームを利用することが必要です。
最適なプラットフォームに管理されたコンテンツであることで学習者は快適に学べ、企業としても成績管理や問題作成がしやすくなります。
 

マイクロラーニングとは

マイクロラーニングとは、短時間で学ぶことができる学習教材です。
パソコン・スマホ・タブレットを活用して、好きな時間に勉強できます。
eラーニングと比べて時間が短いため、単語の暗記などシンプルな学習内容が向いています。
 

LMSとは

マイクロラーニングを管理するプラットフォームはLMS(学習管理システム)と呼ばれています。
こちらは、マイクロラーニングを導入する際に切り離せない存在です。
成績管理・コンテンツ制作・進捗管理・マルチデバイス対応などを一元管理できます。
 

マイクロラーニングのプラットフォーム選びのポイント


マイクロラーニングを導入する際のプラットフォーム選びは大切な要素です。
導入してから「企業側・学習側が合わなかった」とならないためにも、比較・検討が重要です。

ここからは、マイクロラーニングのプラットフォーム選びのポイントについて解説していきます。
無料プランやフリートライアルなども活用していきましょう。

 

実績はあるか

プラットフォームとしての実績があるかチェックしましょう。
導入事例をチェックし、どのような企業で活用されているかを把握できれば導入しやすくなります。
 

料金プランは明瞭か

学習者の人数やサーバーの種類など、さまざまな条件によって料金が変化します。
プラットフォームを選ぶ際は、料金プランが明瞭なのか入念に確認することがポイントの1つといえます。
 

利用人数は適しているか

学習者の人数も大切な要素です。
少人数しか利用しないのに、大人数も利用できるプランを利用してしまうと、不要なコストがかかってしまいます。
学習者の人数やプラン内容を照らし合わせて、適切なプラットフォームを選択しましょう。
 

学びの環境に工夫があるか

マイクロラーニングは、短い時間で学べるコンテンツを数多くこなすためのシステムです。
ゆえにモチベーション維持のためにも、クイズや動画など多様な学習方法を選択できるプラットフォームが向いています。
 

容量に余裕はあるか

教材を保存できる容量はプランによって異なります。
容量が少ないプランの場合、画像や動画の教材を数多く作っても配信できない点に注意が必要です。
 

管理は容易か

学習コンテンツを配信する場合、管理が必要です。
個人の進捗や配信システムなど、使いやすいプラットフォームであるほど手間を削減できます。
 

多言語対応しているか

外国人従業員にもマイクロラーニングを利用してもらう場合、プラットフォームは多言語対応している必要があります。英語など、多言語での操作やメッセージの送信ができるプラットフォームを選びましょう。
 

学習者にとって使いやすいか

マイクロラーニングに積極的に取り組んでもらうためにも、学習者にとっての使いやすさは重要です。
学びやすい画面である・操作にストレスがかからないなど、学習者の視点を取り入れることが大切です。
 

職種ごとの活用シーン


ここではマイクロラーニングの活用シーンを詳しくみていきましょう。
 

従業員全体に対する学習の習慣づけ

人材育成を行う場合、従業員にも定期的に学ぶ姿勢が必要となります。
前述の通りマイクロラーニングでは短時間で学ぶことができる学習教材なので、従業員が学ぶ姿勢を体得しやすいです。
 

管理職研修の事前学習

管理職は多忙な方が多く、時間的コストの高さから、まとまった研修の時間を確保しにくい傾向にあります。
しかし、マイクロラーニングであればそういった負担を軽減できます。

とくに、マネジメントや経営に関する基礎的な知識などを学習するのに役立つといえます。
その後の集合研修なども、基礎知識を事前に習得していることで、スムーズに進行できるでしょう。

 

新入社員に対する研修の補助

新入社員は覚えることが多いことから、マイクロラーニングでインプットのサポートを行うことが可能です。
専門知識、市場の把握、ビジネスマナーなど基本的な知識を覚えるのに適した学習方法だといえます。
 

まとめ

マイクロラーニングにおいて、使いやすいプラットフォーム選びは大切です。
企業側・従業員側双方にとって使いやすいものでなければ、効果的な学習が難しくなってしまいます。

多くのサービスでは無料プランやフリートライアルが用意されているため、比較・検討はしやすいといえます。
本記事で解説したポイントを意識しつつ、マイクロラーニングのプラットフォームを選びましょう。

learningBOXは小学生から大人まで誰でも楽しく学習することができます。
管理者は直観的に操作出来る管理画面から操作することができ、プログラミング知識がいらない「双方にとって使いやすいプラットフォーム」になっています。
また約13,000人の導入実績がある為、多種多様な要望に答えることが可能です。

 

learningBOXを使おう


 

▼こちらもおすすめ!あわせて読みたい「今、イチオシの教育トレンド!マイクロラーニングで人材教育を変える」

カオナビ×learningBOXのコラボ記念キャンペーン実施中!
今すぐlearningBOXを無料体験してみよう!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは閉鎖されています。

  1. まだコメントはありません。

関連記事

jaJA