マイクロラーニングのデメリットをカバーする方法を解説

learningBOX, 管理者blog

マイクロラーニングのデメリットをカバーする方法を解説

マイクロラーニングのデメリットをカバーする方法を解説

新しい学習方法として、マイクロラーニングが注目されています。
しかし、導入を検討していても、具体的なデメリットがわからない・解決方法が把握できないなどの悩みを持つ方もいるかと思います。
そこで、今回の記事では、マイクロラーニングのデメリットをカバーする方法について解説していきます。
 

目次はこちら

  • 1.マイクロラーニングの特徴
  • 2.マイクロラーニングのデメリット
  • 3. マイクロラーニングのデメリットをカバーする方法
  • 4. まとめ

 

マイクロラーニングの特徴

マイクロラーニングの特徴
マイクロラーニングとは、数分程度の短時間で学習が完了する勉強方法です。
動画やテキストなどオンラインを活用し、自宅や通勤時間などの隙間時間でも取り組める点が特徴です。
また、スマートフォンやタブレットといったモバイル機器からも視聴ができます。
上記の様な特徴以外にも、クイズ形式などのゲーム要素を取り入れた現代人に合った学習方法であるといった特徴もあります。

マイクロラーニングを簡単にまとめると、好きな時間で勉強できる点はeラーニングと同様であるものの、1回のコンテンツが短時間で済む内容に向いています。
 

マイクロラーニングのデメリット

マイクロラーニングのデメリット
短時間での学習が特徴的なマイクロラーニングにもデメリットがあります。
それでは、早速、具体的な内容を詳しくみていきましょう。
 

1.質疑応答など細かなやりとりには不向き

隙間時間にモバイル端末でもできる手軽さで学習を習慣化させやすいですが、質疑応答があるような学習には不向きです。
例えば、教える側と学習者側が細かい質疑応答が必要な学習を行う場合は、別の方法を検討しましょう。
 

2.モチベーションの維持が難しい

自宅や通勤途中などの隙間時間を使って学習するため、自主性がなければ続けられません。
モチベーションを維持しにくい状況であるため、思ったような学習効果が得られない可能性もあります。
 

3.長期にわたって習得する内容は学びにくい

短時間で完結するコンテンツによって学習するため、長期的な学習が必要となる資格試験などの内容には不向きです。
長い時間をかけてスキルや知識を身につけていく場合は、他の学習方法と組み合わせる必要があります。
 

4.対人スキルは磨きにくい

基本的にリアルタイムでコミュニケーションを取ることはできません。
例えば、話してフィードバックをもらうといった対人スキル・コミュニケーションを必要とする学習内容などは不向きです。
 

5.準備に時間や費用が必要になる

導入する際には、時間や費用が必要です。
プラットフォームを選ぶ・学習教材を作成する・成績を管理するといった準備をしなければならない点は把握しておきましょう。
 

マイクロラーニングのデメリットをカバーする方法

マイクロラーニングのデメリットをカバーする方法
こちらでは、前述したデメリットをカバーする方法について解説します。
 

オフラインでの学習と組み合わせる

マイクロラーニングのデメリットである「質疑応答ができない」「対人スキルが磨けない」といったデメリットは、オフラインでの学習機会と組み合わせれば解決できます。

基本的な知識の学びの場としてマイクロラーニングを活用しつつ、オフラインでの講習会や面談などでコミュニケーションを取る場を設けましょう。
 

適したマイクロラーニングサービスを利用する

「モチベーションの維持が難しい」「導入に時間や費用がかかる」といった悩みは、適したマイクロラーニンサービスを利用することで解決できます。

例えば、テキストを読むだけの学習教材では、モチベーションの維持が難しいことも多いといえるでしょう。
しかし、サービスによっては、動画配信・クイズ形式の教材を作成できるなどの工夫が可能です。

また、サービスによっては教材の作成もサポートしてもらえるため、準備の時間を大幅に減らせるでしょう。
自社に適したサービスを選ぶことで、時間や費用を抑えられます。
 

まとめ

マイクロラーニングにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。
とくに学習させたい内容がマイクロラーニングには合わない場合は、効果的な学習は難しいといえるでしょう。

しかし、オフラインでの学習と組み合わせる、または適したサービスを選ぶことで、デメリットは打ち消せます。
そのため、マイクロラーニングでの学習を選択する場合、デメリットをカバーする方法を導入の段階で策定することが大切です。

learningBOXは専門知識がなくても誰でも簡単にe-ラーニングが作成できます。
フリープランでは10アカウントまで無期限・無制限・無料で利用することが出来るので、まずはお試しで導入することが出来ます。
導入後のリスクを最小限に出来ることで、デメリットをカバーすることが出来るといえます。

 

learningBOXを使おう


 

▼こちらもおすすめ!あわせて読みたい「マイクロラーニングのプラットフォームの選び方は?ポイントを解説」

カオナビ×learningBOXのコラボ記念キャンペーン実施中!
今すぐlearningBOXを無料体験してみよう!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは閉鎖されています。

  1. まだコメントはありません。

関連記事

jaJA