海外の方でも安心して使えるeラーニングシステム

learningBOX, 管理者blog

海外の方でも安心して使えるeラーニングシステム

はじめまして!営業の向井です。入社してもう少しで9ヶ月になりますが日々勉強の毎日です。早速ですが、今回のブログ記事は、お客様とのお打合せでよく出るお話をしたいと思います。最近よく出るお話の一つに、日本で働く外国人の研修に活用したいという声を多く聞きます。

グローバル化の一環として外国人の社員を雇用するケースが増えているようです。社員教育にeラーニングは適していますのでご利用いただく方は多いかと存じます。しかし言語切替に対応しているものでないと、外国人の方が研修を受ける前に操作がわからず戸惑う場合がございます。

学習管理システム(LMS)であるlearningBOXでは言語を英語に切替えることができますので、外国人の方にも気軽に学んでいただくことができます。本稿では英語切替の操作方法と近年益々、増える外国人労働者のコミュニケーション問題をご紹介いたします。

目次はこちら

  • 1. 言語設定を英語に切り替える方法
  • 2. 増える外国人労働者とコミュニケーション問題
  • 3. eラーニングを使って外国人が働きやすい職場をつくる
  • 4. まとめ

言語設定を英語に切り替える方法

今回は日本国内でのwebブラウザでシェアランキングが高い「Google Chrome」を例にして、言語設定を変更してみましょう。
eラーニング英語設定

STEP1 まず初めに、Google Chromeを開きます

「︙(縦に点3つ)」を選択して、Chromeメニューを開きます。
learningBOX言語設定

設定をクリックします
learningBOX言語設定2

STEP2 設定画面から言語設定を変更します

設定をクリックしスクールして下まで行くと【詳細設定】があります。こちらの詳細設定をクリックしてください。またそのまま下に進んでいただき言語の横にある【 V 】をクリックします。

STEP3 日本語から英語に言語設定を変更します

「言語を希望の順序に並べ替えます」の下に言語の一覧が表示されますので、「英語  ︙」をクリックします。「トップに移動」をクリックすると英語が先頭に移動されます。

STEP4 英語設定完了

先程と同様に「英語 ︙」をクリックし、「Google Chrome」をこの言語で表示をクリックするとお進みください。言語が「英語」に変更されます。

learningBOXの言語が英語設定になりました

learningBOXをログインしていただくとシステム内の言語が英語表記に変更されていることが確認できます。現状、一部のメニューが日本語のままですが、こちらにつきましては随時修正をさせていただいております。

増える外国人労働者とコミュニケーション問題

外国人労働者

国内で働く外国人労働者の数は、ここ数年で倍増しています。国内の労働力人口に占める割合も増えており、2018年には2%を超えました。日本総研の推計では、現状のペースで外国人労働者を受け入れれば、2030年には労働人口に占める割合も5〜6%になる見通しです。

外国人労働者の多い自治体

外国人労働者の多い自治体

ダントツの1位は東京

外国人人口が多い地域ランキングの1位は、ダントツで東京都です。東京に住んでいる在留外国人の数は52万1,502人で、在住外国人全体の20%を占めています。そのうち労働に従事している人は約22万9,000人で、この数も全国トップです。

ダントツ1位の理由は、多くの企業の本社、教育機関があるため、技術・人文知識・国際業務などの高度人材と留学生が多く集まるからです。

意外に多い愛知県

2位は、23万5,320人の愛知県です。在住外国人の比率は全体の約9.2%で、愛知県に特に多い外国人はブラジル人です。
ブラジル人が多い理由は、愛知県にトヨタ自動車などの日本を代表する企業の工場が集まっていて、そこで働く人が多いからです。

また、外国人留学生も多く在住しています。理由としては時給の高さが挙げられます。愛知県の最低賃金は全国第4位で、他に留学生の多い福岡や沖縄に比べると100円以上高くなっています。

3位は観光客に人気の大阪府

3位は大阪府です。大阪府に在留している外国人の数は22万5,269人で、全体の8.8%となっています。大阪で特に多い外国人は、朝鮮・韓国人とされています。

大阪は、近年観光客に人気の場所となっています。平成29年には約1,111万人の外国人観光客が大阪を訪れていて、これは日本全体で2位の数字です。大阪を訪れる観光客の数は平成23年時点では約158万人で、6年間で7倍も増えています。

外国人労働者とのコミュニケーション問題

外国人労働者は育成が難しいと言われていますが、その原因は、コミュニケーションの問題が大きいと言われています。それでは詳しくみてみましょう。

▼言葉の壁がありスムーズなコミュニケーションが取れないケース
・注意したくても言葉や意味を伝えるのが難しかった。
・日本独特の繊細な表現(色やニュアンス)が全く理解されず、伝えるのに苦労した。
▼価値観や文化の違いから起こるトラブル
・日本人特有の建前が通じず、気持ちを伝えるのに苦労した。
・時間のルールもあまり守られなかった。改めて、「始業時刻が決まっているので間に合うように来て下さい」などの説明をした。
・五分の遅刻でも大したことではないと周囲を困らせたことがあった。

eラーニングを使って外国人が働きやすい職場をつくる

外国人労働者の育成に日本人が苦労を感じるのはなぜでしょうか。「言語の壁」だけでなく「生活習慣や文化の違いに対する戸惑い」を感じる人も多いです。これは外国人労働者が同僚となることで、仕事に対する考え方や宗教面でのこだわりなど、日本人同士では馴染みがない出来事に触れる機会が増えるためと考えられます。
eラーニングを使うとスマートフォンやパソコンを使って、日本の文化や一般常識、マナーを教えることができます。学習者のレベルに合わせて日本語の勉強や仕事に必要なスキルを身につけることができます。

learningBOX無料利用を始める

弊社のeラーニングシステムの特徴は『コース学習として学習や研修を進める』ことができます。
learningBOXの使い方

learningBOXの特徴!

・パソコン操作が苦手な方でも登録したその日からeラーニングを始めることができる
・マニュアルを読まなくても触りながら操作が身につくデザイン設計
・研修や教育をサポートする暗記コンテンツや試験問題が簡単に作れる
・学習者の学習進捗度も成績管理画面からグラフで一目で確認できます

※learningBOXの詳しい使い方はこちらに記載されています。

まとめ

今回の記事では、『learningBOXの言語設定』『外国人労働者の増加とコミュニケーション問題』について紹介しました。learningBOXでは言語を英語に切替えることができますので、外国人の方にも気軽に学んでいただくことができます。learningBOXをご登録して頂くと、初期教材が準備されています。初めてのかたでもマネしながらコンテンツを作ってみたり、コースを作ることができる内容になっています。どなたでも手軽にeラーニング学習が始めることができますので、この機会に是非、弊社のlearningBOXをお試しください。本稿もご覧いただきありがとうございました。

learningBOXを導入してここが変わった!ご利用のお客様から嬉しいお声続々!導入事例はこちら
今すぐlearningBOXを無料体験してみよう!

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

Related posts