https://learningbox.online/wp-content/themes/oops_tcd048

EdTechとは?

learningBOX, 管理者blog

EdTechとは?

こんにちは!マーケティングの本木です。

早速ですが、今回はeラーニング用語集ということで、「EdTechとは?」ということでブログを書きます。

目次はこちら

  • 1. EdTechとは?
  • 2. EdTechのはじまり
  • 3. learningBOXは?
  • 4. まとめ

EdTechとは?

「EdTech」と書いて「エドテック」と読みます(私は初めて見た時、「エデュテック」と読んでいました。)
この言葉は「Education(教育)」と「Technology(技術)」の言葉を組み合わせた造語です

デジタルテクノロジーを活用した新しい教育や学び、それを提供するアプリやサービスのことを指しています。

日本では2012年頃から検索されはじめて、近年ますます注目度が上がっています。
EdTechのトレンド
(参考:グーグルトレンド

このような「〇〇テック」という言葉は他にもたくさんありますね。
例えば、「フィンテック(FinTech)」はテレビや雑誌でもよく見る言葉ですね。例えば家計簿アプリなどが有名ですね。

この他にはよく聞く言葉だと、「HR Tech」(エイチアールテック:「Human Resources(人事)」と「Technology(技術)」を掛け合わせた言葉)などもありますね。

このように、業界名称の後に「テック」をつけたものを総称して「X-Tech(エクステックもしくはクロステック)」と言います。
そして、この「EdTech」が持つ言葉の意味を突き詰めると、(すごくかっこよく言うと)
「教育サービスを在り方をテクノロジーにより革新していく」ことです。

さて、この「EdTech」。例えば、何を思い浮かぶかと考えると、そう、やはり「eラーニング」ですね。

▼eラーニングとは?
eラーニングとはインターネットを利用した学習形態。パソコンやモバイル端末などの電子機器やITネットワークを利用することによって場所や時間、学習内容を問わず自分のペースでスキルアップを行うことができる学習。
eラーニング学習システムを使った英語学習より

learningBOXはEdTechのeラーニング、そして「eラーニングの箱」である、LMS(学習管理システム)を提供しています。
LMS

▼そんなEdTechサービスをまだ触ったことがない方はまず、無料の管理者登録してみてください。
登録後、すぐサンプルeラーニングで学習者体験ができますし、自分ですぐ教材も作れます!

「eラーニング」のイメージが変わります。
無料利用をはじめてみる

 

EdTechのはじまり

EdTechのはじまりは、多くのグローバルIT企業を輩出している国、アメリカから始まりました。

アメリカは、国土が広く、また多くの企業が国内だけに留まらずグローバル展開をしており、集合研修で社員教育・人材育成をするには限界があり、必然的にeラーニング及びEdTecサービスが普及する土壌がありました。結果、インターネットの普及とともに、企業の人材育成の手段の一つとして、eラーニングの普及とEdTechサービスの進化が進んでいきました。また、教育格差を解消するサービスとしても普及が進みました。

▼進化するアメリカのEdTechサービス【世界のeラーニング】

 
また、EdTechからはじまった教育革新は「STEM教育」などの流れも生まれています。

▼STEM教育とは?

STEM教育

 
また、現在では、教育格差という点で、アメリカだけでなく、世界各地でEdTechサービスが生まれています。特に教育格差の大きい国でかつ、スマートフォンの普及が急激に進む途上国などでは、多くのEdTechのITベンチャーが登場しています。

 

日本の教育のICT化

日本は残念ながら、教育ICT化は先進国の中でも大変遅れています。小学校でのプログラミング教育の導入など注目は上がってきておりますが、その道具でもあるICT機器の整備が進んでおりません。

環境を整備するための予算の問題や、教えるための仕組みなど、教育のICT化を進めるには課題が多そうです。

▼参考記事

 

learningBOXは?

最初にも書きましたが、弊社のサービス、learningBOXはEdTechのeラーニング、そして「eラーニングの箱」である、LMS(学習管理システム)を提供しています。

▼LMSとは?

 

弊社のLMSの特徴としては、「安価である」「使いやすい」eラーニングのシステムです。
100人利用でも年間3万円~(+消費税)という、まさに常識を超えた低価格。
そして、IT担当者でなくても、その場でコンテンツを作成できる使いやすさ

▼ぜひlearningBOXの導入事例をご覧ください。

 
そして、なんといっても、充実の「クイズ作成」機能です。

EdTechのサービス

「クイズ作成」機能の魅力
・穴埋め問題や選択肢の問題など、問題形式がとにかく豊富
・時間制限があるテストモードなどの設定も可能。
画像入りや音声入りの問題など簡単に作成できる。
などなど、たくさんのおすすめしたい機能がございます。

▼もし、まだ弊社のサービスをお使いになったことがない方、下記の問題作成フォームから簡単にクイズを作ることができます。ぜひお試しください!

簡単にクイズが作れます。
クイズを作ってみる

 

まとめ

今回は「EdTech」(エドテック)について、海外・日本・そして弊社のLMSについて説明しました。
弊社も「教育サービスを在り方をテクノロジーにより革新していく」動きの一つになってまいります!
引き続き、どうぞ宜しくお願い致します!

今すぐeラーニングシステム「learningBOX」を無料体験してみよう!10アカウントまでなら無料でご利用頂けます。

eラーニングシステムを選ぶポイントは管理者・学習者がともに使いやすいかどうかが大きなポイントです。実際に触って使い勝手をご確認して頂きたく、一部のオプション機能を除き、ほとんどの機能を期間無制限でご利用頂けます。

まずは無料で使ってみる
  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

Related posts