ユーザー登録時の項目の重複について

learningBOX, 管理者blog

ユーザー登録時の項目の重複について

ユーザーを登録する際に、他のオーナー管理者の環境で使用している内容と重複した場合に、「この〇〇は既に使用されています。」と表示されます。
重複する項目として、「ログインID」「ディスプレイネーム」「E-mailアドレス」があります。
それぞれの重複条件と、重複した際の対処法についてご説明します。
 

目次

  • 1. ユーザー登録の重複が起こる理由
  • 2. 重複条件と対処法

 

ユーザー登録の重複が起こる理由

共用サーバーをご利用の場合、項目の重複が起こる可能性があります。
その理由は、共用サーバーの仕組みにあります。

 

共用サーバーの仕組み

eラーニング-メンバー登録

共用サーバーとは、1台のサーバーを複数のオーナー管理者で共用する形態のレンタルサーバーです。
マンションの一室を借りている状態をイメージしてください。1台のサーバーを複数でシェアして使う、「シェアハウス」のようなサービスです。
ですので、ユーザーを登録する際に項目の重複が起こる可能性があります。
 

重複条件と対処法

 

ログインID

ログインIDは一意となる必要があります。
他のオーナー管理者の環境で使用されているログインIDは、登録できません。
下記の文字や記号が使用できますので、数字や特殊文字を混合して作成いただくと重複しにくくなります。

【使用可能な文字・記号】
半角英数字(a~z 0~9)、特殊文字(! ” # $ % & ‘ ( ) * + , – . / : ; < = > ? [ \ ] ^ _ `)
 

ディスプレイネーム

ログインIDと同様に下記の文字や記号が使用できますので、数字や特殊文字を混合して作成いただくと重複しにくくなります。

【使用可能な文字・記号】
半角英数字(a~z 0~9)、特殊文字(! ” # $ % & ‘ ( ) * + , – . / : ; < = > ? [ \ ] ^ _ `)
 
※Ver2.20以上をご利用であれば、他のオーナー管理者の環境で登録済みのものと重複可能です。
 

E-mailアドレス

重複した際の対処法として、「+」記号を使用してE-mailアドレスのエイリアスを作成できます。
Gmailの場合「+〇〇」、Gmail以外の場合「++〇〇」を「@」の前に入力してください。
なお、メールは「+〇〇」を追加する前の大元のE-mailアドレスですべて受信します。

例)
〇〇〇〇〇〇@learningbox.co.jp・・・大元のE-mailアドレス
〇〇〇〇〇〇++user1@learningbox.co.jp・・・①
〇〇〇〇〇〇++user2@learningbox.co.jp・・・②
①、②で受信したメールは、すべて大元の「〇〇〇〇〇〇@learningbox.co.jp」に届きます。

 

※Ver2.20以上をご利用であれば、下記条件にて重複可能です。
 他のオーナー管理者の環境で、
 ・ ユーザーアカウントとして登録されているE-mailアドレス ・・・ 重複OK
 ・ オーナーアカウントとして登録されているE-mailアドレス ・・・ 重複NG
 

コンプライアンス研修を無料ではじめよう!
banner

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは閉鎖されています。

  1. まだコメントはありません。

関連記事