人材育成に役立つ研修プログラムの作り方や必要性を解説

learningBOX, 管理者blog

人材育成に役立つ研修プログラムの作り方や必要性を解説

人材育成に役立つ研修プログラムの作り方や必要性を解説

人材育成をする際、研修で多くのことを学んでもらうことを目的とする企業は多いかと存じます。
研修を行う場合、事前にプログラムを作成すると計画的に学習が進められます。
しかし、どのようなプログラムを組めばいいのかわからないという声も聞かれます。
本記事では、効率良く学ぶための研修プログラムの作り方についてみていきましょう。
 

目次はこちら

  • 1.研修の必要性
  • 2.研修プログラムとは
  • 3. 研修プログラムの作り方
  • 4. まとめ

 

研修の必要性

人材育成を効率的に行おうとする場合、定期的な研修が必要です。
例えば、スキルが必要ならスキルを習得するための研修を繰り返すことで、効率的にスキルアップしやすくなります。
また、リーダー管理職に対する研修の内容や方向性が正しければ、中長期的に会社の利益につながるともいえるでしょう。
また、以下のような事例を防ぐ場合にも役立ちます。
 

誤送信による情報漏洩での信頼失墜

誤送信による情報漏洩は、人の手によるメール送信の際に起きがちなミスの代表例です。
例えば、送信相手・送信内容など二重チェックや三重チェックなどを徹底していれば起こらないミスの代表例でもあるため、研修によって学習することで防止につながりやすくなります。
 

データ持ち出しによる巨額の損害発生

持ち出し禁止のPCを持ち出したうえに紛失した場合、巨額の損害を発生させることもあります。
これも、機器管理の徹底や会社としてのセキュリティ体制を整えることで防ぐことが可能です。
研修によってリスクを知ることで危機意識を高められます。

 

研修プログラムとは

研修プログラムとは

研修をスムーズに行うために、誰に対してどのような研修を行うか、それぞれの研修作成時に、意識するべきポイントを紹介します。
 

新入社員に基本的なスキルを学んでもらう

新入社員は、業務内容のみならず電話の対応・メールの送り方など、社会人としての基本的なルールも覚えていく必要があります。
新入社員に対する研修プログラムを作成する場合は、基本的な社会人としてのスキルを研修内容に含めましょう。
 

業務内容を覚えてもらう

研修プログラムに取り入れる業務内容は、立場によって変化します。
新入社員・中堅社員・中途採用者などの立場だけでなく、業種によっても研修する内容は変わります。
例えば、総務であれば、勤怠に関わるルールや管理方法、営業であれば商品の詳細を覚えていく必要があるでしょう。
企業によってさらに業務内容に細かな違いが生まれるため、独自性が求められます。
研修プログラムを検討する前に、対象者に学んでほしい業務内容は何か、詳細まで定めておくことが大切です。
 

研修プログラムの作り方

研修プログラムの作り方
研修プログラムは、次のような作り方で決めていきましょう。
目標や勉強方法などを定めることで、より研修の効果をアップさせることが可能です。
 

目標を持つ

研修を終えた際、社員にどのような状態になっていてほしいか明確に伝えましょう。
例えば、「社会人として基本的なビジネスマナーを知ってほしい」「自社製品の特徴をすべて覚えてほしい」などは明確な目標といえます。
 

勉強方法を定める

勉強方法には、業務を通じて学んでもらうOJT・業務外の場所で講習会をするOff-JT、自ら書籍などをみて勉強する自己啓発があります。
それぞれメリット・デメリットがあるため、目標にあわせて選択しましょう。
 

スケジュールを立てる

研修をいつまでに終えたいのか、スケジュールを作成します。
学習方法によって習得までの期間に差が出るため、期日までに研修を終えられる学習方法を選びましょう。
 

予算を決める

研修方法によっては、費用がかかります。
例えばOff-JTでは、会場費用・交通費支給・講師への依頼料など、さまざまな面でコストがかかる傾向です。
また、自己啓発では社員自らが購入した書籍費用の負担なども検討する必要があります。
 

オンラインでの研修も検討する

近年では、オンラインでの研修も注目されています。
オンライン研修は比較的コストがかからず、自宅に居ながら学習が進められるだけでなく、何回も繰り返して学習することが可能です。
対面での研修にこだわらず、オンラインによる研修も検討しましょう。
 

まとめ

研修プログラムはひとつではなく、それぞれ特徴が違います。OJT・Off-JT・自己啓発・オンラインのいずれかのみを選択するのではなく、組み合わせてプログラムを作る方法もあります。
目標に向けてスムーズに進捗するようプログラムを作成し、研修を行いましょう。

多様な教材形式がある「learning BOX」は、豊富な問題作成システムにより教える側のコンテンツの作成や配信における悩みを解決できます。
また、直感的に操作ができるデザインなので教わる側にとっても使いやすい為、学習時のストレスの軽減につながり、より効果的な学習ができます。

 

learningBOXを使おう


 

▼こちらもおすすめ!あわせて読みたい「【教育最前線】動画とeラーニングで効果的な新人研修を実施する」

カオナビ×learningBOXのコラボ記念キャンペーン実施中!
今すぐlearningBOXを無料体験してみよう!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは閉鎖されています。

  1. まだコメントはありません。

関連記事

jaJA