人材育成に効果的な計画づくりとは

learningBOX, 管理者blog

人材育成に効果的な計画づくりとは

多くの企業で人手不足が叫ばれている現代、人材育成は企業が生き残っていくために重要な要素です。
企業で教育担当や人事担当を務めている人の中には、人材育成の方法について悩む人もたくさんいるかと思います。
そこで、今回の記事では、「人材育成に効果的な計画づくりのポイント」についてご紹介します。
スキルの獲得に適した教育方法や、人材育成を進める上でのポイントも解説します!
人材育成にお困りの教育担当者の方は、ぜひご参考にしてください。
 

目次はこちら

 

人材育成計画とは?

人材育成計画とは
人材育成計画とは、採用した従業員を自社が求める人材に育てるために立てる育成計画のことです。
人材育成を進める上では、人材育成計画は必須ではありません。
しかし、どのようにして育成を進めるのか定まっていなければ、育成方針が企業内でブレる可能性があります。
育成方針が定まっていない状態では、従業員が不安を感じることも珍しくありません。
人材育成をうまく進めたい場合は、人材育成計画を明確に立てることが重要です。
 

人材育成計画の重要性・メリット

人材育成計画を立てる「重要性・メリット」の代表例は以下の2点です。
 
▼従業員のモチベーションを高められる
人材育成計画を立てておけば、従業員はどのような知識やスキルを身に付ける必要があるのか、把握することができます。
その結果、従業員は何をするべきかが明確になるため、モチベーションを高められるでしょう。
目標がはっきりとしない状態でモチベーションを保つことは、簡単ではありません。
従業員の意欲を維持するためにも、人材育成計画は重要です。
 

▼育成計画の進捗が把握しやすくなる
人材育成計画がない状態では、どのようにして育成を進めていくのかという全体像が把握しづらくなります。
現在はどういった教育プログラムを進めているのか、また現段階の課題は何かなど、確認するための時間がかかってしまいます。
しかし、人材育成計画を用意しておけば、進捗状況を把握しやすくなります。
定期的に進捗状況を記録し、確認できる仕組みを整えておくことで、人材育成を着実に進めることが可能です。
 

人材育成計画の立て方

人材育成計画のステップ画像
人材育成計画を立てるときは、ステップを踏まえた上で立てることが重要です。
ここでは、人材育成計画の立て方をステップごとに解説します。
 

STEP1:求める人物像を明確にする

まずは、自社が求める人物像を明確にしましょう。
その際、自社の経営目標・ビジョンと照らし合わせることが重要です。
経営側の視点を欠いた状態では、長期的な視野に立った人材育成計画につながらない場合があります。
「5年後には市場を海外にも広げていく」という経営目標がある場合は、国内だけでなく海外でも活躍できる人材を育てなければなりません。
自社の状況をよく確認し、求める人物像を設定することがポイントです。
 

STEP2:目標を設定する

求める人物像が明確になったあとは、具体的な目標を設定します。
目標を設定する際は、最終的なゴールとなる「大目標」に加えて、大目標を達成するための「小目標」を設定しましょう。
あまりに高い目標を設定してしまうと、従業員のモチベーション維持が難しくなってしまいます。
しっかりと努力を重ねて届くレベルの目標であれば、従業員も目標に向かいやすくなります。
また、成功体験を積み重ねる意味でも、小目標の設定は大切です。
 

STEP3:現状を把握する

目標を設定したあとは現状の把握に努めます。
現在の自分と目指すべき姿にはどの程度の差があるのか、客観的に把握することが重要です。
現状の把握は、計画書を作成したあとも定期的に実施しましょう。
設定した目標と現状があまりにも離れている場合は、目標を再設定することも考えなければなりません。
 

STEP4:必要となるスキルを確認する

目標を設定したあとは、目標を達成するために必要なスキルを確認します。
いつまでにどういったスキルを身に付けてほしいのか、教育をする側が明確に提示することで、従業員は何をすればいいのか明確に把握できます。
必要なスキルの確認は、複数人で実施することがおすすめです。
さまざまな人の視点を取り入れると、必要なスキルの見落としを防げます。
 

STEP5:スキル獲得のための教育方法を決定する

必要なスキルを確認できれば、どのようにしてスキルを獲得するのか教育方法を決定します。
スキルの獲得方法はさまざまあるものの、業種によっては実地でしかスキルを獲得できない場合もあります。
それぞれの教育方法をしっかりと把握した上で、自社にはどの方法が適しているのか、メリット・デメリットなどを踏まえつつ決定しましょう。
 

スキル獲得に適した教育方法

スキル獲得に適した教育方法には、以下の3つがあります。

集合研修での教育方法

教育を受ける従業員が1か所に集まり、講義形式で研修などを受ける教育方法です。
たくさんの従業員をまとめて教育したい場合には、集合研修が適しています。
現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、大勢が1か所に集まることが難しくなりました。
そのため、オンラインでの集合研修を実施する企業が増加しています。

OJTでの教育方法

実際に業務を体験させて教育をする方法です。
座学で学んだ内容をより定着させたい場合は、実践的な教育が効果的であるため、研修を終えたあとに実施されるケースが多くなります。
OJTは基本的に1対1での実施が多いことから、一人ひとりに合った教育をできるメリットがあります。
しかし、教育担当者によって教育の質にばらつきが出てしまうケースも多いため、人材育成計画を事前に周知することが重要です。

eラーニングを使っての教育方法

インターネットを利用した教育方法のことです。
事前に学習コンテンツを作成しておくと、従業員は好きなタイミングで学習ができます。
新型コロナウイルス感染拡大の防止策として、集合研修ではなくeラーニングを導入するケースは珍しくありません。
自由度が高いメリットもあるため、コロナ禍という状況では非常に適した教育方法と言えます。

 

人材育成を進める上での重要ポイント

フィードバックしている人の画像
人材育成を進める際は、より効果的な教育を実現させるためにも、以下のポイントに留意しましょう。
 

重要ポイント1.定期的にフィードバックを実施する
育成を進める上では、フィードバックが重要な役割を果たします。
従業員の行動やパフォーマンスなどをよく観察した上で、気付きを与えるフィードバックの実施が重要です。
フィードバックを実施する際、ネガティブな言葉を投げかけることはNGです。
従業員のモチベーションが高まる言葉をかけ、お互いの信頼関係が深まるように努めましょう。
 

重要ポイント2.必要に応じて目標を修正する
人材育成計画を入念に作り上げた場合でも、計画がうまく進まないことは珍しくありません。
進捗具合を定期的に確認し、計画通りの教育が難しいと感じた場合は目標を修正しましょう。
計画がうまくいかない状態で教育を進めると、従業員のモチベーションが低下する恐れもあります。
得意分野を徹底的に伸ばすなど、自己肯定感が高まるような配慮が必要です。
 

まとめ

今回は、人材育成計画の詳細や計画の立て方に加えて、人材育成を進める上での重要ポイントなどを解説しました。
人材育成を進める際は、育成計画を立てることが重要です。
どのような人材に育てたいのか明確にした上で、育成を進めていきましょう。
スキルを獲得する方法としてもっともおすすめな方法は、eラーニングの活用です。
learningBOXではコンテンツの作成や管理に加えて、理解度のチェックも行えます。
まず試してみたいという場合は、無料で利用できるフリープランをお試しください。
 

▼こちらもおすすめ!あわせて読みたい「【eラーニングを無料体験】誰でも簡単に使えるlearningBOX」

banner
カオナビ×learningBOXのコラボキャンペーン実施中!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは閉鎖されています。

  1. まだコメントはありません。

関連記事

jaJA