learningBOXを使ってeラーニングの学習コースの設計をしよう

learningBOX, 管理者blog

learningBOXを使ってeラーニングの学習コースの設計をしよう

マーケティング担当の貴田岡(キタオカ)🍎です。東京オリンピックまでとうとう一年を切りました!日本での自国開催は1964年以来56年ぶりだそうです。日の丸を背負う選手の皆さん、『記録も大切ですが記憶に残る』精一杯のプレーや活躍を楽しみにしてます!
それにしてもオリンピックも熱いですが日本列島も暑いですね。。。水分をこまめに取り、熱中症には皆様、気を付けましょう!

さてさて、雑談はこの位にして、今回のお題に移りましょうか!ここ最近、ブログ記事を通しまして、弊社の問題作成ツール(QuizGenerator)や暗記カード(CardGenerator)を使ったeラーニング学習を度々、記事で紹介してきました。QuizGenerator・CardGeneratorは皆様、お試しになりましたでしょうか。

今回の記事では今までご紹介してきた『QuizGeneratorを使ったサンプルクイズやCardGeneratorを使った暗記カード』を実際に弊社の学習管理システムlearningBOXを用いて学習コースを作ってみたいと思います。本稿もどうぞお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

目次はこちら

  • 1. learningBOXでアカウントを作成する
  • 2. 教材作成はコンテンツ管理から行います
  • 3. 制約バーを用いて”コース”にする
  • 4. 教材の割り当て範囲を設定する
  • 5. まとめ

learningBOXでアカウントを作成する

① learningBOX公式ホームページ→無料利用を始めるをクリックし、learningBOXでアカウントを作成して、ログインしましょう。>>アカウント作成画面はこちら<<

② 必要事項を入力して登録完了まで進めます。

教材作成はコンテンツ管理から行います

③ マイページ画面からコンテンツ管理を選択

④ コンテンツ管理、下の+ボタンをクリックし、学習教材を入れるフォルダを作りましょう

コンテンツ管理の教材作成方法こちらに詳しく掲載されています

⑤ 作ったフォルダに教材をインポートしてみましょう

前回の記事で作成した「国旗クイズ」をlearningBOXに入れてみましょう。
まずは、下記の教材をダウンロードして下さい

・暗記カード ➡ダウンロードは こちら (12 downloads)
・確認テスト ➡ダウンロードは こちら (10 downloads)
・実力テスト ➡ダウンロードは こちら (10 downloads)

⑥ ダウンロードができたら、コンテンツ管理→ +ボタンをクリック。ダウンロードした教材をインポートして、暗記カードとクイズを登録してみましょう。クイズや暗記カードのインポート方法こちらに詳しく掲載されています

⑦ 教材のLMSへのインポートが完成しました。しかし、これで終わりではありません。ここから“コース”になるように設定をします。

制約バーを用いて”コース”にする

⑧ 制約バーを設けることで“コース”にすることができます。そして、コースの条件設定が行えます。制約バーは『ここまで解答/閲覧したら次に進むことが可能です』『ここまで合格したら次に進むことが可能です』の2種類からお選び頂けます。制約バーの使い方こちらに詳しく掲載されています。

教材の割り当て範囲を設定する

⑨ 公開範囲(どの学習者に公開するか)を設定します。教材の割り当ての使い方こちらに詳しく掲載されています。

作成した問題はこのように表示されます

まとめ

今回の記事では今まで紹介してきました、QuizGeneratorやCardGeneratorで作成した教材を実際にlearningBOXに取り込み、学習コースを作成する所までお伝えしました。今まで、クイズや暗記カードのみを活用して教材ばかりが増え、管理に困っている方!この機会に是非、learningBOXを活用してみませんか。

作成した教材はデータを移し替えるだけの操作で簡単に運用できます。QuizGeneratorやCardGeneratorでは設定できない、制約バーを設けることで、一定の基準や条件をクリアした方のみ先に進めるコース設定が可能です。さらにlearningBOXのコンテンツ機能には登録した方しか使えない、虫食いノート・PDF教材・レポート課題・アンケート機能など学習者や管理者にオススメな機能がたくさんあります。今回の記事を参考に、learningBOXの機能や使い勝手をお試しください。learningBOXは10名様までの利用でしたら、無料で無期限、ほぼ全ての機能がお使い頂けます。eラーニング学習の練習に使ってみてはどうでしょうか?learningBOXの使い方や疑問などありましたらお気兼ねなくご連絡ください。本稿もお付き合い、いただきましてありがとうございました。

今すぐeラーニングシステム「learningBOX」を無料体験してみよう!10アカウントまでなら無料でご利用頂けます。

eラーニングシステムを選ぶポイントは管理者・学習者がともに使いやすいかどうかが大きなポイントです。実際に触って使い勝手をご確認して頂きたく、一部のオプション機能を除き、ほとんどの機能を期間無制限でご利用頂けます。

まずは無料で使ってみる
  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

Related posts