learningBOXがVer2.9へバージョンアップ

learningBOX, お知らせ, 管理者blog

今回のバージョンアップについて

いつもeラーニング作成システムのlearningBOXをご利用頂き誠にありがとうございます。本日、learningBOXがVer2.8から2.9へバージョンアップされました。
この記事では、各種新機能が追加されたVer2.9.10(2020年2月13日リリース)について具体的な新機能をご紹介致します。
learningBOX2.9ver

新機能・機能改善一覧

☑「LDAP / ActiveDirectory との連携について」
「SAML認証設定」
「バッジ設定機能」
「中断再開機能」
「指定教材通知機能」

今回のバージョンアップではかねてよりご要望の多かった、「LDAP / ActiveDirectory との連携機能」が追加されました。さらに、既存機能の改善なども含め、多くの機能が追加されました。それでは早速、今回の2.9系バージョンアップについて詳しくご紹介させて頂きます。

 

LDAP / ActiveDirectory との連携について

learningBOX 2.9系learningBOX 2.9系バージョンアップにより、learningBOXがLDAPサーバーとの連携に対応しました。ユーザー認証方式として、LDAP v3に対応したディレクトリサービス(OpenLDAP、Active Directory 等)を利用することができます。LDAP認証を利用すると、ユーザー認証だけではなく、ディレクトリサービスと連携した、ユーザー管理を行うこともできます。
➡ LDAP連携の設定方法についてはこちらをご覧ください。
※LDAP認証連携は専用サーバープランのご契約が必要
になります。
➡ 料金プランのページ

 

SAML認証設定


Ver2.8から追加されましたSAML認証設定ですが、より使いやすくなるよう、対応するIdP(Identity Provider)の追加や認証設定画面の追加などがされました。

SAML(Security Assertion Markup Language)とは、インターネットの異なるドメインの間でユーザ認証を行うための、XMLをベースにした国際規格の認証方式であり、シングルサインオン(SSO)を実現するためのプロトコルになります。シングルサインオン(以下SSOと表記します)とは1つのIDとパスワードでログインするだけで、複数のサービスへの同時ログインを実現する仕組みです。

※SAML認証連携はデザインカスタマイズまたは専用サーバープランのご契約が必要になります。
料金プランのページ

 
▼SAMLの認証設定及び各IdPの設定方法については下記の各項目からご確認下さい。
SAML認証設定について(使い方ページ)
SAML認証の概要説明について(ブログ記事)

 

トラスト・ログインでのSAML認証設定

トラスト・ログインでのSAML認証設定「トラスト・ログイン」は、一つの ID・パスワードで複数のサービスへのログインを可能にする『シングルサインオン』をはじめ、『ID管理』『ログ・レポート機能』などを基本機能として備えた企業向けシングルサインオンサービスです。
➡ トラスト・ログインの設定方法についてはこちらをご覧ください。

 

Google G SuiteでのSAML認証設定

G SuiteのSAMLアプリとしてlearningBOXを登録する方法を解説します。
➡ Google G SuiteでのSAML認証設定についてはこちらをご覧ください。

 

OneLoginでのSAML認証設定

ここでは具体的にOneLoginのSAMLアプリとしてlearningBOXを登録する方法を解説します。
➡ OneLoginでのSAML認証設定についてはこちらをご覧ください。

 

バッジ設定機能

learningBOX2.9ver-バッジ機能
ゲーミフィケーションの要素を兼ねた機能が追加されました。バッジ機能を使うことで、学習者は学習成果に応じてバッジを付与され、モチベーションアップをすることができます。また、学習者は自分の受講状況が一目で確認することができます。
バッジ表示機能は、各教材(PDF、クイズ、暗記カード…etc)毎やフォルダ単位でバッジの付与を設定することができます。※ 教材ごとにバッジ取得の条件は異なりますのでご注意ください。
➡ バッジの設定機能についてはこちらをご覧ください。

 

中断再開機能

中断再開機能
テストや試験で活躍するクイズの中断・再開機能がさらに機能改善されました。現在、試験として実施する際に、1回の受講制限を利用するケースが多いかと思います。今回の機能改善により、試験時になんらかの理由で回答画面/システム画面から離脱してしまうケースが発生してもクイズを中断・再開できることができます。

中断・再開機能はクイズ受講時の中断・再開設定ができるオプションです。クイズを途中で中断することができ、途中から再開できます。今回は「中断から再開」のみのモードが新たに追加されました。
・「有効」を指定すると、再開時に「続きから再開する」か「最初からやり直す」を選択できます。
・「続きからのみ有効」を指定すると、「続きから再開する」のみ選択できます。
➡ 中断再開機能の設定方法はこちらをご覧ください。

 

指定教材通知機能

指定教材受講通知機能
学習者が特定の教材を学習完了したら、自動で管理者に連絡が来てほしい、そんなご要望にお応えする「指定教材通知機能」が追加されました。
この機能は、学習者の成績ステータスに変化があった場合、「管理者にメール通知を送る設定」ができます。こちらのメール通知機能を使うことで指定した教材のみ、管理者にメール通知を送る設定ができます。指定した教材のみ、管理者にメール通知を送る設定ができます。
指定教材受講通知機能の設定方法はこちらをご覧ください。

 

その他新機能・機能改善について

詳しい操作方法やご不明な点は、弊社担当:CS営業チームまでお問い合わせ下さいませ。


●TEL:0791-72-8421
お問い合わせフォーム

今後のバージョンアップでは、さらにお客様の声に耳を傾け、お客様へのお役立ちを先廻りし機能改良に取り組んで参りますのでご期待いただければ幸いです。
今後ともlearningBOX・QuizGeneratorをよろしくお願い致します。

learningBOXを導入してここが変わった!ご利用のお客様から嬉しいお声続々!導入事例はこちら
今すぐlearningBOXを無料体験してみよう!

  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

Related posts