学習教材を販売するならlearningBOXのEC機能がオススメです

learningBOX, 管理者blog

マーケティング担当の貴田岡です。
平素より弊社サービスをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

learningBOXのVer2.13以降より、EC機能の決済処理設定が更に便利になりました。
今回の記事では、更に使いやすく便利になったlearningBOXのEC機能についてご紹介します。
 

目次はこちら

  • 1.EC機能がさらに便利になりました
  • 2.そもそもlearningBOXのEC機能とは?
  • 3. EC機能プランのメリット
  • 4. EC機能を使った活用事例をご紹介します
  • 5.まとめ

 

EC機能がさらに便利になりました

learningBOX

今まで、面倒だった領収書の発行や見積書の作成もVer2.13以降ではlearningBOXのシステム内で作成することができます。
その他にも、EC機能の決済方法も「銀行振込・コンビニ決済・クレジット決済」など全部で7種類のお支払い方法を設定することができます。
 

learningBOXのEC機能【決済処理設定】

learningBOXのEC機能は、物を売るのではなく、お客様が作成した学習コンテンツを簡単にWebで販売することができます。
EC機能の決済方法は【無料で購入】、【PayPal】、【銀行振込】、【請求書】、【コンビニ(GMO-PG)】、【銀行振込(GMO-PG)】、【クレジットカード(GMO-PG)】の7種類からお支払い方法を選択することができます。

※GMO‐PGとは、GMOペイメントゲートウェイ株式会社の略称です。
※PayPal及びGMOペイメントゲートウェイ株式会社提供の決済については、お客様自身でそれぞれのサービスに利用申請・手続き等が必要になります。
提供会社によっては、事前審査等がございますので、予めご了承ください。

learningBOXの決済処理設定についてはこちらの記事にて詳しく解説されています。
learningBOXのEC機能【決済処理設定】
 

learningBOXのEC機能【領収書の設定・発行】

今まで、時間を費やしていた領収書の発行業務は全てlearningBOXのシステム内で完結することができます。
領収書の発行は購入者のマイページ画面から確認することができます。

learningBOXの領収書の設定・発行についてはこちらの記事にて詳しく解説されています。
learningBOXのEC機能【領収書の設定・発行】
 

そもそもlearningBOXのEC機能とは?

learningBOXを使ってコンテンツの販売

learningBOXで作成したコンテンツをインターネット上で販売できるのはご存知でしょうか?
learningBOXのEC機能は、物を売るのではなく、お客様が作成した学習コンテンツを簡単に販売することができるプラットフォームです!

弊社のeラーニングシステムであるlearningBOXは、教材のバリエーションが豊富な上に、簡単に学習教材を作成、アップロードすることができます。
パソコン操作に苦手意識を持っている方でも触りながら使い方や設定方法を覚えることが可能です。

learningBOXがコンテンツ販売に選ばれる理由

決済機能では銀行振込、クレジット払い以外にも、請求書払いやGMOペイメントゲートウェイを利用いただければコンビニ決済まで対応可能です!!
また、プレビュー機能ではユーザーが実際のコースを購入する前に確認することができ、購入後のトラブルも軽減されるかと思います。

learningBOXのEC機能

learningBOXのEC機能を活用したBtoB販売について

コンテンツ販売機能
learningBOXのEC機能を利用すれば、通信講座や資格試験の過去問販売サイトを簡単に構築できます。
学習コンテンツを、企業・グループ単位で購入可能です。

企業・グループが学習コンテンツを購入し、購入した教材は企業・グループの担当者が学習者に割当てることができます。
EC機能を利用すると、「企業研修向けのコンテンツ販売」や「検定試験等の団体申し込み」にも対応できます。
もちろん、個人単位での学習コンテンツの購入も可能です。

2021年はeラーニングの活用がますます拡大

世界のeラーニング市場は、2020年から2024年にかけて13%のCAGRで936億4,000万米ドル規模の市場に成長すると予測されています。
当市場は、ゲーミフィケーションを活用した学生の授業へのエンゲージメント向上や、マイクロラーニングの採用増加によって成長が促進される見通しです。
eラーニングは、まだまだ進化を続けている学習形態であり、新たな活用法が試されている分野であることも大きな特徴です。
eラーニングを使えば従来の学校で課題となっていた、「一人一人の生徒に最適な学習」も提供できる可能性があります。

BtoBでは企業の人材育成に対する投資の活性化から市場が盛り上がる

2019年度の国内eラーニング市場規模は、前年度比7.7%増の2,354億円を見込む。内訳は、法人向け(企業・団体内個人を含む)のBtoB市場規模が684億円(前年度比5.2%増)、個人向けのBtoC市場規模が1,670億円(同8.8%増)であり、両市場ともに拡大を継続させる見込みである。

出典:矢野経済研究所|国内eラーニング市場に関する調査結果より

BtoB市場では、スマートフォンやタブレット端末の一般化により学習ツールが多様化された事や、動画コンテンツの進化、クラウド環境の進展などによりeラーニングが使いやすくなったこと、それから企業の人材育成ニーズの活性化も相まって、eラーニングはこれまで以上に多くの業種・企業に浸透してます。

BtoC市場でも堅調に売り上げを伸ばす

2020年度の国内eラーニング市場規模は、前年度比4.5%増の2,460億円を予測する。当年度は、BtoB、BtoCともに新型コロナウイルス感染症の影響によって遠隔教育の需要が高まり、eラーニングのユーザー数を増加させるものとみる。

出典:矢野経済研究所|国内eラーニング市場に関する調査結果より

BtoC市場は、スマートフォン、タブレット端末やSNSを活用した学習スタイルの浸透、情報通信技術の向上による提供サービスの進化、AI(人工知能)を用いた学習サービスの登場などを受け、ユーザー数を着実に増加させるとともに個人の学習形態の一つとして、eラーニングを一般化させる環境を進行させている。
今後もBtoB、BtoC両市場ともに拡大し続けていくと考えらます。

お客様の中でこんなお悩みや、ご要望をお持ちではないでしょうか?

その1. 教材はあるけど、どうやってWebで販売したらいいかわからない・・・
その2. 作成した教材を販売したいけど、サーバーの設定や決済システム等、難しそう・・・
その3. 会社で実績のある研修資料等を有効活用したい!
その4. 自分の持っている技術や知識を知らない人に伝えたい!
その5. 会社の技術やノウハウを外部に販売したい!

これら全てlearningBOXのEC機能で実現可能です!
コンテンツ作成、独自ドメイン、デザインのカスタマイズができるサイト構築を実現できます。
learningBOXは使い勝手はシンプルで使いやすく、登録も簡単です。

EC機能プランのメリット

eラーニング-コンテンツ販売

 

▼EC機能プランの搭載機能はこちら

URL 御社独自ドメインのURL
メール送信元 御社独自ドメインのメールアドレス
システムバージョンアップのタイミング 御社の希望の日時よりバージョンアップ(平日9:00~18:00※祝祭日を除く)
*深夜のアップデートに関しては、別途費用が発生します。
IPでの制限 御社の固定IPのみからのアクセスを許可する等の設定が可能
ロゴ ロゴを掲載
トップページ オリジナルデザインに変更可能
サイドバー サイドバーマネージャーにより変更可能
配色 CSSによる変更が可能です
追加でのCSS記載 より細かくCSSにて調整いただけます
追加でのJavascript Google Analyticsのタグ等埋め込み可能です
SSL設定費用 弊社指定のSSLの場合[fuji-sslを想定](※2年毎に更新・設定が必要になります)
*御社指定のSSLにて別途設置が必要な場合、50,000円を設置費用としていただいております。

 

▼デザインカスタマイズをしたログインページ(例)はこちらです。

ec機能-learningBOX

 

EC機能プランは、決済額の20%を基準とした決済手数料での支払いのため、専用サーバー費用のみではじめることができ、初期費用が安いのが特徴です。
アカウント数も無制限でアカウントに有効期限もありません!
学習コンテンツのオンライン販売をこれから始めたいという方や、オンラインでの検定試験利用にピッタリのライセンスです。
learningBOXでECサイトを構築しよう
 

EC機能を使った「一般社団法人 美術検定協会様」の活用事例をご紹介!


「美術検定」(一般社団法人美術検定協会様)は、learningBOXをご利用いただき2020年9月にオンライン検定を実現されました。
受験者はコロナ感染の心配がなく、パソコンとネット環境があれば、オンライン上で簡単に申し込みと受験が可能です。
また、クーポン設定もできるので、新規受験者の獲得や、既存受験者のリピート率向上も望めます。

learningBOXはオリジナルデザインで検定サイトを構築できるので、検定・資格系のコンテンツで最も必要な「信頼感」「安心感」の演出を助けます。
 

EC機能プランを導入した理由について

美術検定は4級~1級まであり、例年は年1回、毎年11月に試験を実施してきました。
もともと全国5都市の会場で行っていましたが、コロナ感染症の影響を受けて、今年からご自宅で受験できるオンライン試験を取り入れました。 たくさんの方に安全・安心な環境で受験する機会を提供していきたいという思いからです。

オンライン試験を取り入れたことで、受験していただく方との距離感が近くなったことでしょうか。 近くというのは、非常に感覚的なことですが、learningBOXのEC機能を取り入れたおかげで、受験者の申込状況がよくわかります。 たとえば決済方法で何を選んだのか、また書籍購入をされた方の中で、受験料の割引クーポンを利用されている方だと分かったり。 受験者の方の状況が管理画面からリアルタイムで確認できます。

コンテンツ販売-elearning

 

▼一般社団法人 美術検定協会様のインタビューはこちらの記事にて詳しく解説されています


 

まとめ

今回の記事では、更に使いやすく便利になったlearningBOXのEC機能についてご紹介しました。
弊社のeラーニングシステムは、お客様が作成した学習コンテンツを簡単にWebで販売することができます。
learningBOXは、教材のバリエーションが豊富な上に、簡単に学習教材を作成、アップロードすることができます。

コンテンツの機能も豊富で『PDF教材、動画教材、検定試験向け教材、学習補助教材など』、お客様のご要望や用途に合わせてコンテンツを追加、作成することができます。ご興味のある方はどうぞお気兼ねなくご相談下さい。
EC機能のお問い合わせはこちらからどうぞ。

カオナビ×learningBOXのコラボ記念キャンペーン実施中!
アカデミックキャンペーン

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは閉鎖されています。

  1. まだコメントはありません。

関連記事

jaJA