learningBOXがVer2.19へバージョンアップ

learningBOX, お知らせ

今回のバージョンアップについて

learningBOXをご利用いただき、誠にありがとうございます。
本日、learningBOXがVer2.18から2.19へバージョンアップされました。
こちらの記事では、各種新機能が追加されたVer2.19.11(2022年9月14日リリース)について、具体的にご紹介いたします。
※learningBOXでは、セキュリティ強化の一環としてVer2.19のリリースより、共用環境にWAF(Webアプリケーションファイアウォール)を導入します。
詳しくはこちらの「セキュリティ強化に関するお知らせ」をご覧ください。


2.19

▼learningBOX Ver2.19新機能一覧

項目名
新機能・機能改修
コンテンツ管理 PDFの機能拡充
テストモード設定の機能拡充
ユーザー管理 日付形式/時刻形式
グループの並べ替え
成績管理 得点修正設定
カルテの機能拡充
成績結果の表示/非表示設定項目の追加
レポート採点時の添削結果のファイルアップロード
レポートの設問別採点
学習環境設定 バッジの詳細説明
その他機能 パスワード再発行時のログインID利用
デザインカスタマイズ限定機能 カリキュラムの選択上限設定
研修機能の拡充
サイトカスタマイザーの機能拡充
API連携の項目追加
登録画面URLのダウンロード
バッジ取得時のPUSH通知に項目追加
SESメールの送信者名の設定
専用サーバー限定機能 独自SSO アカウント課金対応
CardGenerator 暗記カードの機能拡充

今回のバージョンアップでは、お客様より多数ご要望をいただいておりました機能が新たに追加されました。
具体的には、暗記カードの出題順シャッフルや音声の挿入、ユーザーによる解答完了後での設問の正誤修正、ユーザー管理画面でのグループの並び替え等ができるようになりました。
また、共用サーバー/デザインカスタマイズや専用サーバーのご契約でご利用いただける機能も、多数追加されました。
それでは早速、今回の2.19系バージョンアップについて、詳しくご紹介させていただきます。

 

PDFの機能拡充

2.19新機能アイキャッチ_PDF

PDFをただ閲覧するだけではなく、重要な内容をハイライトしたり、メモ書きを作成できるようになりました。
PDFにハイライトとペンを多用すると、成績データが取り込めない場合があります。
※ご利用には、ご注意ください。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
PDFの機能拡充

 

CardGenerator-暗記カードの機能拡充

2.19新機能アイキャッチ_暗記カード (1)

暗記カードの出題順をシャッフルしたり、音声ファイル【mp3】/化学式/数式を挿入できるようになりました。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
CardGenerator-暗記カードの機能拡充

 

得点修正設定

得点修正

ユーザーがクイズ・テストの解答を完了した後で、設問の正誤を修正できるようになりました。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
得点修正設定

 

グループの並び替え

2.19新機能アイキャッチ_グループ (1)
登録したグループを任意の順番に並び替えることができます。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
グループの並び替え
 

テストモード設定の機能拡充

これまでは、テストモード設定で非表示にした項目は、手動で設定を変更しない限り非表示のままでした。
今回のバージョンより、「全体設定」で設定した条件を満たした場合、非表示の項目が表示されるように自動で切り替えができるようになりました。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
テストモード設定の機能拡充
 

日付形式/時刻形式

learningBOX上の日付および時刻の表示形式を設定できます。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
日付形式/時刻形式
 

カルテの機能拡充

カルテの「タグ一覧」画面において、「セクションタグ」「設問タグ」と期間で、内容を絞って表示できるようになりました。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
カルテの機能拡充
 

成績結果の表示/非表示設定項目の追加

成績管理画面の成績結果の欄で、表示/非表示を設定できる項目が追加されました。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
成績結果の表示/非表示設定項目の追加
 

レポート採点時の添削結果のファイルアップロード

レポートを採点する際に、フィードバックのコメントを入力する操作しかできませんでしたが、今回のバージョンより、添削結果のファイルをアップロードできるようになりました。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
レポート採点時の添削結果のファイルアップロード
 

レポートの設問別“個別”採点

出題形式が「レポート・アンケート記述」である設問を複数作成したクイズ・テストを採点する際、これまでは全ての設問について採点を完了しなければ成績を保存できませんでしたが、今回のバージョンより、採点の途中で保存できるようになりました。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
レポートの設問別“個別”採点

 

バッジの詳細説明

バッジを取得した際や、「バッジ一覧」画面や「コースを選ぶ」画面でバッジを確認する際に開くモーダル画面の中に、そのバッジに関する詳細説明を記載することができます。
また、詳細説明は表示させるかどうかを設定することもできます。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
バッジの詳細説明

 

パスワード再発行時のログインID利用

ログインパスワードを忘れた場合などでパスワードを再発行する際、これまでは登録メールアドレスを入力する必要がありました。
今回のバージョンより、パスワードを再発行するのにメールアドレスだけでなく、ログインIDを指定できるようになりました。
 

カリキュラムの選択上限設定

カリキュラム機能基本設定から、同時に受講できるコンテンツを制限する上限設定が新しく追加されました。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
カリキュラムの選択上限設定
 

研修機能の拡充

アーカイブ機能の追加や、研修の予約を一括で承認・非承認できるようになりました。
また、ユーザー側からも研修の予約をキャンセルできるようになりました。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
研修機能の拡充
 

サイトカスタマイザーの機能拡充

サイトカスタマイザーの機能が拡充され、新規で追加したメニューについても自由にレイアウトを変更できるようになりました。
また、サイドメニューだけでなくヘッダーメニューの編集も可能になりました。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
サイトカスタマイザーの機能拡充
 

API連携の項目追加

APIの項目としてlearningBOXのユーザー情報を紐づけることで、ログイン不要でSCORM教材を学習できるようになりました。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
API連携の項目追加
 

登録画面URLのダウンロード

アカウント申し込み登録機能のグループ登録URLにおいて、登録したグループと発行したURLの一覧をCSVでダウンロードできるようになりました。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
登録画面URLのダウンロード
 

独自SSO アカウント課金対応

お客様の基幹システムとの独自SSO連携により、ユーザーがアカウント登録をした際に、「プラン選択」画面に遷移させることができます。
※「アカウント課金管理」画面にて、アカウント課金の利用を必須に設定する必要があります。
 

バッジ取得時のPUSH通知に項目追加

バッジ取得時に送信されるPUSH通知のJSONに、下記3つの項目が追加されました。
・「sco_code」=コンテンツコード
・「badge_code」=バッジコード
・「score」=バッジ取得時のコンテンツの点数
※コース/フォルダにバッジを設定した場合は、「score」は送信されません。
 

SESメールの送信者名の設定

メールの送信者名を変更する機能が追加されました。
ユーザーに送信するメールをご希望のメールアドレスに変更することができます。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
SESメールの送信者名の設定
 

●TEL:0791-72-8421
お問い合わせフォーム

今後も、さらにお客様のお声に耳を傾け、より快適にご利用いただけるよう機能改善に取り組みます。
learningBOXのVer2.19で追加された新機能や機能改修につきましては、こちらのリリースノートにも詳しく記載しています。
今後とも、learningBOX/QuizGeneratorをよろしくお願いいたします。

コンプライアンス研修を無料ではじめよう!
banner

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは閉鎖されています。

  1. まだコメントはありません。

関連記事

jaJA