教育分野で進むVRテクノロジー【世界のeラーニング】

learningBOX, 管理者blog

教育分野で進むVRテクノロジー【世界のeラーニング】

こんにちわ。朝はゆで卵派・マーケティング担当の本木です。
【世界のeラーニング】シリーズもおかげさまで今回で6回目です。

これまでアダプティブラーニングや、MOOCなどいろいろご紹介してきましたが、今回は、アメリカのEdtech・eラーニングサービスにおける最先端のテクノロジー、「VR」について触れてみたいと思います。

目次はこちら

  • 1.VRとは?
  • 2.教育分野での活用
  • 3.アメリカでのサービス事例
  • 4.まとめ

VRとは?

既に「VR」という言葉自体は非常に身近になっていますが、改めて説明しますと、VRとは「Virtual Reality」の略であり、日本語では「仮想現実」と訳されます。

一般的にはディスプレイやVRゴーグルなどを使用することで、360度にわたって視野が広がり、仮想現実の世界を体験できるテクノロジーです。

VRといえば、ゲームやエンターテイメントのイメージがありますが、教育にも親和性が高く、アメリカではEdtechの最先端分野の一つとなっています。

▼イメージ
VR教育

教育分野での活用

教育の分野では、宇宙や深海などの仮想空間で体験したり、職業の疑似体験などをはじめ、本では表現が難しい、もしくは、立体的に表現した方が理解しやすい分野(STEM教育関連、例えば、人体の臓器の形状など)で、より理解しやすく、より楽しく学ぶためのツールとして広がりはじめています。

アメリカでは、アメリカ政府がVRを利用した教育を普及させる試みで「VRエデュケーションプロジェクト」というプロジェクトを発足して、教育を目的としたテクノロジー商品の開発には助成金を交付される仕組みがあります。

→アメリカ政府の「Ed Tech Developer’s Guide」(←全て英語です)

アメリカでのサービス事例

それでは、早速ですが、具体的に代表的なサービスを見ていきましょう。

まずはじめに「Nearpod(ニアポッド)」です。
VR教育

▼タブレットでのVR体験

Nearpodは幼稚園から高校生まで学べるVRのコースを約100種類以上を用意しており、学校の先生が授業の教材として使うことができ、また、Nearpodを通して、先生が生徒の回答・反応を収集することができる授業を進めるためのプラットフォームとしての役割を担っているとのことです。
教室での利用が多いので、タブレットがメインで活用されており、VR見たり、授業の教科書・ノート代わりになっているようです。

次に「Zspace(ゼットスペース)」です。
VR教育

▼デモ動画(心臓の鼓動音まで出ている)

「Zspace(ゼットスペース)」(→ジースペースとも言う)ですが、こちらも小学生から高校生を対象としたVR教材を多く用意しています。特徴としてはノートパソコンのようなディスプレイ型のデバイスを使って、専用のメガネをかけると目の前に物体があるように見えます。そして専用のペンツールを操作をすると自在に動かすことができます。

こちらもNearpodと同じく、ゴーグルはメインで使われず、学習者が快適にVR学習を進めることができるかどうかを追求した結果、このようなスタイルになったんでしょう。
デモ動画にあるように、立体的に表現した方が理解しやすい分野(STEM関連、例えば、人体の臓器の形状など)で、より理解しやすく、より楽しく学ぶためにVRを活用した教材はとても魅力的ですね。

まとめ

さらに、VRテクノロジーは企業の研修でもVRは活用されています。
アメリカの小売業大手Walmartは講師による店舗での実地研修に代わって、VRを使った研修プログラムが用意されているとのことです。

▼VRを研修に活用

このようにVRはエンターテイメント分野だけでなく、教育分野での活用・普及が非常に進んでいることがわかりました。

STEM教育というと、プログラミング教育がメインに思えてきそうですが、このようなVRのテクノロジーが進化することによって科学・技術・工学・数学の教育の最適化が進んでいきそうですね。

さてみなさん、この【世界のeラーニング】シリーズですが、これまでアメリカの中心にご紹介してきましたが、今回をもってアメリカ編は一旦、終了となります。次回以降は、中国?ヨーロッパ?アジア?どこにいくのでしょうか?心配です。楽しみです。

お読み頂きありがとうございました。

※参考文献:Edtechが変える未来 著者:佐藤昌宏

今すぐeラーニングシステム「learningBOX」を無料体験してみよう!10アカウントまでなら無料でご利用頂けます。

eラーニングシステムを選ぶポイントは管理者・学習者がともに使いやすいかどうかが大きなポイントです。実際に触って使い勝手をご確認して頂きたく、一部のオプション機能を除き、ほとんどの機能を期間無制限でご利用頂けます。

まずは無料で使ってみる
  • Comment ( 0 )

  • Trackbacks are closed.

  1. No comments yet.

Related posts