お知らせ

47記事

セキュリティ強化に関するお知らせ

セキュリティ強化に関するお知らせ 平素より弊社サービスをご愛顧いただき、ありがとうございます。 learningBOXでは、セキュリティ強化の一環としてVer2.19のリリースより、共用環境にWAF(Webアプリケーションファイアウォール)を導入します。 今回のお知らせでは、WAF導入後の懸念事項をまとめました。 WAFを導入した理由 近年、サイバー攻撃の手段は高度化しており、脆弱性の発見から攻撃につながるまでの時間も短くなっています。 高度化するサイバー攻撃の脅威からお客様の個人情報やサービスを守るべく、learningBOXではWAFの導入を決定いたしました。 WAFとは? WAFはWebアプリケーションの脆弱性を悪用する攻撃を検出・防御し、Webサイトを保護するためのセキュリティツールです。 悪意のあるリクエストがサーバーへ到達する前にブロックすることで、攻撃からサービスを防御します。 WAFの仕組み WAFでは、アクセス元とWebサーバーとの間で通信に介在し、攻撃の検知に「シグネチャ」を用いて不正アクセスを防止します。「シグネチャ」とは、アクセスのパターンを定義したもので、Webアプリケーションへのアクセスのパターンをシグネチャを用いて照合して、通信許可と拒否の判断を行うという仕組みです。WAFは、攻撃を検出すると通信を遮断してログに記録しながら、同時にアクセス元にWebサーバーに代わって警告メッセージを返します。 一般的なファイアウォールでは、通信の中身や通信方法まではチェックしていません。システムの入り口であるポートを通過した通信は、その内容がたとえ不正なものであってもWebアプリケーションに到達してしまいます。 また、IDS(不正侵入検知システム)やIPS(不正侵入防御システム)はWAFと同様にシグネチャを用いて不正アクセスを検知しますが、Webアプリケーションに対する不正アクセスの検知精度は低く、十分なセキュリティ対策を行うことができません。 共用環境ではlearningBOX【Ver2.19】からWAFが導入されます WAFの導入に伴い、お客様がご利用中のグローバルIPアドレスがブロック対象と判定される可能性があります。 403Forbiddenが表示された場合の対策 ブラウザ上に403 Forbidden というメッセージが表示された場合は、しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。 また、VPNなどを経由してアクセスされている場合、VPNを経由せずにアクセスすると状況が改善する場合があります。
learningBOX-2.19

learningBOXがVer2.19へバージョンアップ

今回のバージョンアップについて learningBOXをご利用いただき、誠にありがとうございます。 本日、learningBOXがVer2.18から2.19へバージョンアップされました。 こちらの記事では、各種新機能が追加されたVer2.19.11(2022年9月14日リリース)について、具体的にご紹介いたします。 ※learningBOXでは、セキュリティ強化の一環としてVer2.19のリリースより、共用環境にWAF(Webアプリケーションファイアウォール)を導入します。 詳しくはこちらの「セキュリティ強化に関するお知らせ」をご覧ください。 ▼learningBOX Ver2.19新機能一覧 項目名新機能・機能改修 コンテンツ管理PDFの機能拡充 テストモード設定の機能拡充 ユーザー管理日付形式/時刻形式 グループの並べ替え 成績管理得点修正設定 カルテの機能拡充 成績結果の表示/非表示設定項目の追加 レポート採点時の添削結果のファイルアップロード レポートの設問別採点 学習環境設定バッジの詳細説明 その他機能パスワード再発行時のログインID利用 デザインカスタマイズ限定機能カリキュラムの選択上限設定 研修機能の拡充 サイトカスタマイザーの機能拡充 API連携の項目追加 登録画面URLのダウンロード バッジ取得時のPUSH通知に項目追加 SESメールの送信者名の設定 専用サーバー限定機能独自SSO アカウント課金対応 CardGenerator暗記カードの機能拡充 今回のバージョンアップでは、お客様より多数ご要望をいただいておりました機能が新たに追加されました。 具体的には、暗記カードの出題順シャッフルや音声の挿入、ユーザーによる解答完了後での設問の正誤修正、ユーザー管理画面でのグループの並び替え等ができるようになりました。 また、共用サーバー/デザインカスタマイズや専用サーバーのご契約でご利用いただける機能も、多数追加されました。 それでは早速、今回の2.19系バージョンアップについて、詳しくご紹介させていただきます。   PDFの機能拡充 PDFをただ閲覧するだけではなく、重要な内容をハイライトしたり、メモ書きを作成できるようになりました。 PDFにハイライトとペンを多用すると、成績データが取り込めない場合があります。 ※ご利用には、ご注意ください。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡PDFの機能拡充   CardGenerator-暗記カードの機能拡充 暗記カードの出題順をシャッフルしたり、音声ファイル【mp3】/化学式/数式を挿入できるようになりました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡CardGenerator-暗記カードの機能拡充   得点修正設定 ユーザーがクイズ・テストの解答を完了した後で、設問の正誤を修正できるようになりました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡得点修正設定   グループの並び替え 登録したグループを任意の順番に並び替えることができます。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡グループの並び替え   テストモード設定の機能拡充 これまでは、テストモード設定で非表示にした項目は、手動で設定を変更しない限り非表示のままでした。 今回のバージョンより、「全体設定」で設定した条件を満たした場合、非表示の項目が表示されるように自動で切り替えができるようになりました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡テストモード設定の機能拡充   日付形式/時刻形式 learningBOX上の日付および時刻の表示形式を設定できます。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡日付形式/時刻形式   カルテの機能拡充 カルテの「タグ一覧」画面において、「セクションタグ」「設問タグ」と期間で、内容を絞って表示できるようになりました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡カルテの機能拡充   成績結果の表示/非表示設定項目の追加 成績管理画面の成績結果の欄で、表示/非表示を設定できる項目が追加されました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡成績結果の表示/非表示設定項目の追加   レポート採点時の添削結果のファイルアップロード レポートを採点する際に、フィードバックのコメントを入力する操作しかできませんでしたが、今回のバージョンより、添削結果のファイルをアップロードできるようになりました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡レポート採点時の添削結果のファイルアップロード   レポートの設問別“個別”採点 出題形式が「レポート・アンケート記述」である設問を複数作成したクイズ・テストを採点する際、これまでは全ての設問について採点を完了しなければ成績を保存できませんでしたが、今回のバージョンより、採点の途中で保存できるようになりました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡レポートの設問別“個別”採点   バッジの詳細説明 バッジを取得した際や、「バッジ一覧」画面や「コースを選ぶ」画面でバッジを確認する際に開くモーダル画面の中に、そのバッジに関する詳細説明を記載することができます。 また、詳細説明は表示させるかどうかを設定することもできます。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡バッジの詳細説明   パスワード再発行時のログインID利用 ログインパスワードを忘れた場合などでパスワードを再発行する際、これまでは登録メールアドレスを入力する必要がありました。 今回のバージョンより、パスワードを再発行するのにメールアドレスだけでなく、ログインIDを指定できるようになりました。   カリキュラムの選択上限設定 カリキュラム機能基本設定から、同時に受講できるコンテンツを制限する上限設定が新しく追加されました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡カリキュラムの選択上限設定   研修機能の拡充 アーカイブ機能の追加や、研修の予約を一括で承認・非承認できるようになりました。 また、ユーザー側からも研修の予約をキャンセルできるようになりました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡研修機能の拡充   サイトカスタマイザーの機能拡充 サイトカスタマイザーの機能が拡充され、新規で追加したメニューについても自由にレイアウトを変更できるようになりました。 また、サイドメニューだけでなくヘッダーメニューの編集も可能になりました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡サイトカスタマイザーの機能拡充   API連携の項目追加 APIの項目としてlearningBOXのユーザー情報を紐づけることで、ログイン不要でSCORM教材を学習できるようになりました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡API連携の項目追加   登録画面URLのダウンロード アカウント申し込み登録機能のグループ登録URLにおいて、登録したグループと発行したURLの一覧をCSVでダウンロードできるようになりました。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡登録画面URLのダウンロード   独自SSO アカウント課金対応 お客様の基幹システムとの独自SSO連携により、ユーザーがアカウント登録をした際に、「プラン選択」画面に遷移させることができます。 ※「アカウント課金管理」画面にて、アカウント課金の利用を必須に設定する必要があります。   バッジ取得時のPUSH通知に項目追加 バッジ取得時に送信されるPUSH通知のJSONに、下記3つの項目が追加されました。 ・「sco_code」=コンテンツコード ・「badge_code」=バッジコード ・「score」=バッジ取得時のコンテンツの点数 ※コース/フォルダにバッジを設定した場合は、「score」は送信されません。   SESメールの送信者名の設定 メールの送信者名を変更する機能が追加されました。 ユーザーに送信するメールをご希望のメールアドレスに変更することができます。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡SESメールの送信者名の設定   ●TEL:0791-72-8421 ●お問い合わせフォーム 今後も、さらにお客様のお声に耳を傾け、より快適にご利用いただけるよう機能改善に取り組みます。 learningBOXのVer2.19で追加された新機能や機能改修につきましては、こちらのリリースノートにも詳しく記載しています。 今後とも、learningBOX/QuizGeneratorをよろしくお願いいたします。

ビジネススキルに特化した「KaWaL eLearning」とのコラボコンテンツがlearningBOX ONに登場!

ビジネススキルに特化した「KaWaL eLearning」とのコラボコンテンツがlearningBOX ONに登場! eラーニング作成・管理システムであるlearningBOXへ研修コンテンツを追加できるサービス「learningBOX ON」に、このたび待望の新コンテンツが登場しました! 新コンテンツは株式会社チェンジの「KaWaL eLearning」とコラボ!楽しく学び、すぐに仕事で使える内容となっており、今回はその一部をご紹介します。 人事や研修担当の方はぜひチェックしてみてください。   お知らせ 【第0回】KaWaL×learningBOXコラボ対談 ー 今話題のテーマをプロが徹底解説 ー 株式会社チェンジとコラボし、eラーニング教材における新サービスの提供を開始しました。 今回チェンジが提供するビジネススキルに特化したサブスクリプション型e-ラーニングサービス「KaWaL eLearning」を、learningBOX ONへ新たに搭載! 大手企業の新人研修など100万人以上の若手育成実績に基づく、ビジネススキルに特化したカリキュラムをぜひお試しください。   KaWaL eLearningとは? チェンジのKaWaL eLearningは、「“ワカル”から “カワル”」をコンセプトに、ビジネスの基礎スキルにおいて厳選したコースのみを提供することで、短時間で一般的に必要なビジネススキルと知識を学ぶことができるサブスクリプション型eラーニングサービスです。 今回のコラボコンテンツは、“課題に取り組むことによって人の学びは生まれる“というコンセプトをもとに、受講一辺倒の学習スタイルではなく、受講者が成果物を作成・反復できる仕掛けを組み込んだ学習を提供しています。   コンテンツの紹介 ここではKaWaL eLearningの無料コンテンツを一部ご紹介しましょう。動画に慣れ親しんでいる世代の方でも最後まで楽しく視聴できるよう「動画の演出」には特にこだわって作成されています。 共感してもらえるようにドラマ仕立てだったり、絵本の世界に入り込んでみたり、お笑い芸人の方に出演してもらったり、クイズ番組風にしてみたり、すべてのコンテンツにそれぞれの学習要素にあった見せ方が工夫されています。 どのコンテンツも、動画を見てすぐに実践できるようワークシートが用意されており、最大限の学習効果が発揮できるようアウトプットをする「課題取り組み型」のスタイルになっているのが特徴です。 learningBOXに登録したユーザーは誰でも、learningBOX ONの無料研修コンテンツを視聴できます。今回の連携により、さらにKaWaL eLearningの無料・有料コンテンツを活用し、自身にあった効率的な研修プログラムの構築が可能になります。   ビジネスコミュニケーション 限定公開URL:【KaWaL】ビジネスコミュニケーション「聞く」 社会人として必要な3つの意識について丁寧に解説しています。 主体的に仕事に取り組む「目的意識」、仕事を効率的に進める「コスト意識」、円滑に分担や共同作業を行う「相手意識」の考え方についてドラマ仕立てで分かりやすく紹介されています。 新入社員だけでなく、働くすべての人が知っておきたい内容となっていますのでぜひ参考にしてみてください。   リモートワークマナー 限定公開URL:【KaWaL】リモートワークマナー 近年増えてきているリモートワークでもマナーが存在します。最低限のマナーを知っておくことで気持ちよく仕事が進められるようにしておきたいですね。 クイズ形式で楽しみながら学べるようになっており、複数人で課題に取り組むのも良さそうです。 その他にもおすすめの動画が掲載されていますので、ぜひご覧ください。 ⇒他のコラボ動画も続々更新中!   KaWaL × learningBOXの使い方 KaWaL × learningBOXの使用方法をご紹介します。   すでにlearningBOXをご利用の方 ①learningBOXにログインする ②「コンテンツ管理」に移動する   ③コンテンツ管理の「+」アイコンを押す   ④メニュー内の「learningBOX ON」>「KaWaL eLearning」>「無料体験コース」を選択する   ⑤コース一覧に「KaWaL eLearning」が追加されます   新規登録の方 learningBOXにまだ登録されていない方も、10名までなら無料・無期限で、ほぼすべての機能(有料オプションを除く)をお使いいただけますのでぜひお試しください。 ⇒無料登録はこちら   新規に登録された方は、ログインしていただくと、あらかじめコース一覧に「KaWaL eLearning」が登録されていますので、すぐにご利用いただけます。 またKaWaL eLearningでは有料コンテンツも用意していますので、詳細はこちらをご覧ください。   まとめ learningBOX ONの新コンテンツ、楽しく学び、仕事で使えるKaWaL eLearningについてご紹介しました。 100万人以上の若手育成実績に基づき「どうしたら動画を最後まで視聴してもらえるか?」「行動が変わるために大切な学習要素は何か?」を徹底的に考えて作成されており、何が学習のキーワードになるのか、そしてそれがどうして必要なのかを丁寧に説明している点にご注目いただければと思います。 KaWaL eLearningのコンテンツと自社のコンテンツを組み合わせて、オリジナルのコースを作成することも可能ですのでぜひご活用ください。    

【有料オプション】専用サーバーの価格改定のお知らせ

平素より弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。 さて、弊社【有料オプション】専用サーバーの価格改定について、ご案内させていただきます。 この度、サーバーコストの増加とセキュリティ対策強化に伴い、2022年7月21日(木)よりご提供価格を改定させていただくこととなりました。 詳細につきましては、下記の通りです。 ■改定日  2022年7月21日(木) ■価格  初年度費用:(改定前)495,000円 → (改定後)990,000円  次年度費用:(改定前)330,000円 → (改定後)660,000円  ※価格は全て税込み表示です。 ■ご利用条件  価格改定後に新規で【有料オプション】専用サーバーをお申し込みされる場合は、別途1,000アカウント以上のライセンスをご契約いただく必要がございます。  ※ご契約プランの内容は問いません。 ■注意事項  2022年7月20日(水)までにお見積書を発行された場合は、有効期間内に限り改定前の価格で対応させていただきます。  また、上記時点で既にご契約いただいているお客様の次年度更新費用に変更はございません。  今後ともlearningBOXを何卒よろしくお願い申し上げます。
learningBOX-2.18

learningBOXがVer2.18へバージョンアップ

今回のバージョンアップについて learningBOXをご利用いただき、誠にありがとうございます。 本日、learningBOXがVer2.17から2.18へバージョンアップされました。 こちらの記事では、各種新機能が追加されたVer2.18.18(2022年7月6日リリース)について、具体的にご紹介いたします。 ▼learningBOX Ver2.18新機能一覧 項目名新機能・機能改修 コースを選ぶコースナビゲーション コンテンツ管理PowerPoint教材 成績表の機能拡充 クイズ・テストの中断データ検出機能 コンテンツ事前説明管理 コンテンツへのリダイレクト機能 「提出したレポート一覧」「レポート採点管理」画面の廃止 成績採点・分析免除指定管理 成績管理の機能拡充 ユーザー管理ユーザー統合管理 コンテンツ管理閲覧権限 CSVでのグループ所属追加/解除 登録フィールド設定の機能拡充 デザインカスタマイズ限定機能認証コード設定(登録URLごと) 契約状況有料プラン契約の自動継続 EC機能研修機能 今回のバージョンアップでは、2つの画面において見え方と機能が大きく刷新されました。 具体的には、マイページがダッシュボードに、学習する画面がコースを選ぶ画面に変更されました。 また、PowerPoint教材の取り込みができる有料オプションの追加や、有料プラン契約の自動継続など、契約関係の機能も拡充されました。 それでは早速、今回の2.18系バージョンアップについて、詳しくご紹介させていただきます。   コースナビゲーション コンテンツの学習画面に、同じコース内にある他のコンテンツが一覧で表示されるようになりました。 これにより、わざわざ「コースを選ぶ」画面に戻ることなく、学習画面からコース全体を確認することができます。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡コースナビゲーション   PowerPoint教材 PowerPointで作成した教材をそのままlearningBOXにアップロードできるようになりました。 なお、こちらは有料の「PowerPoint教材取り込み」のオプションをご契約いただく必要があります。 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 ➡

社名変更に関するお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 この度、弊社ブランド名をこれまで以上に幅広く認知していただくため、社名を変更する運びとなりました。 かねてよりご案内しておりましたとおり、「株式会社龍野情報システム」は 2022年7月1日(金)をもちまして「learningBOX株式会社」へと社名を変更いたしました。 これからも社員一同、お客様に満足していただけるサービスの提供に全力で取り組んでまいりますので、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 ■社名変更日:2022年7月1日(金) ※住所、電話番号、FAX番号、ホームページのURLに変更はございません。 1.新社名   learningBOX株式会社 2.契約書・各種書類のお取り扱いについて   社名変更は法人名のみの変更であり、法人は同一です。   以下の書類に記載されている旧社名は新社名に読み替えいただきますよう、お願い申し上げます。   2022年6月30日までに旧社名にて締結した契約書、覚書等の契約関連文書   2022年6月30日までの取引に使用された各種文書(注文書、納品書、請求書、見積書、仕様書等) 3.銀行口座の名義変更について   社名変更に伴い銀行口座名義も変更いたしますが、手続きの都合上、名義変更は7月下旬ごろに完了する見込みです。   そのため、弊社からの7月中の振込名義について、新社名と旧社名が混在する可能性がございます。予めご了承ください。   ※取引銀行名、口座番号に変更はございません。

【推奨環境に関する重要なお知らせ】Internet Explorer サポート終了について

平素より、弊社サービスをご利用頂き誠にありがとうございます。 この度、マイクロソフト社によるWebブラウザ「Internet Explorer」(以下、IE)のサポートが終了いたしました。 お手数ですが、お早めに下表にあるブラウザへの切り替えをお願いいたします。 ・Google Chrome ・Safari ・Mozilla Firefox ・Microsoft Edge ※learningBOXの推奨環境につきましては、こちらをご覧ください。 弊社におきましても、learningBOXのVer2.19メジャーバージョンアップ以降、IEを対応ブラウザから非対応ブラウザとし、サポートを終了させていただきます。  ※バージョンアップは9月を予定していますが、開発状況に伴い、スケジュールが遅延もしくは中止となることがございます。  予めご了承ください。 なお、サポート終了後はIEではご利用いただけません。 learningBOXの推奨環境をご確認の上、推奨ブラウザでのご利用をお願いいたします。 ご利用の皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 ▼参考:本件に関連するMicrosoft社のWebサイト記事 1:Internet Explorer は Microsoft Edge へ – Windows 10 の Internet Explorer 11 デスクトップアプリは 2022 年 6 月 15 日にサポート終了 2:Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了 – 発表に関連する FAQ

お気軽にご利用・
お問い合わせください

無料利用しよう 資料請求
Webミーティングの担当者

WEBミーティングも
好評受付中

learningBOXのご利用方法、プランの検討、デザインカスタマイズのご相談等、迷ったらぜひお問い合わせください!
WEBミーティングで導入のお手伝いをいたします。

WEBミーティングを予約する

jaJA